このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

平成23年秋季企画展「遺跡が語る富士見市の中世」

最終更新日:2019年1月25日

 富士見市には、難波田城跡の他にも、多くの鎌倉~戦国時代の遺跡があります。
 それらの出土品や写真・図などを使って中世の富士見市の姿を解説します。
 今まで展示していない資料や最新の調査成果も多数紹介します。
 12月18日にこの展示に関連する講演会も開催します。

  • 主な展示資料

 年号や人名が刻まれた「板碑(いたび)」、埋葬された馬の骨、戦国大名の勢力範囲を示すともいわれる「かわらけ」、独自の貨幣を発行していなかった日本で流通していた中国の貨幣、実は戦国時代の遺跡でもある多門氏館跡の発掘風景写真 など

  • 会期・会場

2011年10月22日(土曜日)~12月25日(日曜日) 資料館特別展示室

  • 見学料

 無料

お問い合わせ

難波田城資料館

〒354-0004 埼玉県富士見市大字下南畑568-1

電話:049-253-4664

ファックス:049-253-4665

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ