このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

平成25年度穀蔵テーマ展示「むかしのあそび」

最終更新日:2019年1月25日

なつかしい遊びや娯楽の道具がならんでいます
なつかしい遊びや娯楽の道具が展示されています

 富士見市は、昭和30年代(1955-65)から急激な人口増と都市化が始まり、生活環境が大きく変化しました。子どもや大人の遊びも変わりました。本展示会では、市民から寄贈された昭和時代(1926-88)の資料から、遊びや娯楽のうつりかわりを探ります。

主な展示資料
泥メンコ(市内多門氏館跡出土品)、手作り木製飛行機、リカちゃん人形、蓄音機、ブラウン管テレビなど
会期・会場
2013年8月10日(土曜日)~2014年8月上旬
難波田城資料館 穀蔵展示室
見学料
無料

お問い合わせ

難波田城資料館

〒354-0004 埼玉県富士見市大字下南畑568-1

電話:049-253-4664

ファックス:049-253-4665

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ