このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

「想いが人をつなぐ」小学生による手紙交流(ホストタウン事業)

最終更新日:2021年6月14日

概要

令和2年12月に針ケ谷小学校の子どもたちが、今夏開催予定の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて試合や練習に励んでいるセルビア共和国の選手に応援メッセージ等を作成し、姉妹都市であるシャバツ市の小学校へ送りました。その御礼としてシャバツ市の小学生から直筆で描かれた250通のハガキが届くと同時に、小学校の校長先生からも心の込もった温かい動画メッセージが寄せられました。

セルビア(シャバツ)からの手紙 Pisma iz Srbije (ピスマ イズ スルビイェ)

ニコライ・ウエリミロヴィッチ小学校の子どもたちから御礼のハガキが届く。

針ヶ谷小学校の子どもたちは、遠くセルビアから届いたハガキを見て大感激していました。今度はぜひ、オンラインを活用した交流を通じて日本とセルビアの距離を縮めて友達になろう。

針ケ谷小学校の児童が作成したハガキを手に取るニコライ・ウエリミロヴィッチ小学校の児童たち

日本からの手紙 - PISMA IZ JAPANA (ピスマ イズ ヤパナ)

シャバツ市から送られた動画内容の翻訳

想いが人をつなぐ - Dobrota spaja (ドブロタ スパーヤ)

物語の始まりはいつも不安だ。先が見えないならなおさらだ。私たちは丸で孵化したばかりの小さな虫のようだった。触角を頼りに初めて見る世界を少しずつ歩き出す。そんな気分だった。大学で日本語学科を卒業したドラガナ・ペトロヴィッチさんから連絡があった。日本の子どもたちが書いた手紙を私たちの学校に届けたいという。誰からの手紙かよくわからないまま、彼女の依頼を受け入れることになった。今回のプロジェクトは日本とセルビアの子どもたちが手紙を通して友情を深めるというものだった。引き受けてよかった。

新しい友情 - Nova prijateljstva (ノヴァ プリヤテーリュストゥヴァ)

日本から手紙が届いた。封筒の中には、きれいな手紙で包まれた手紙がたくさん入っていた。英語で書かれたレターも入っていた。何もかもがきちんとしていて、日本人の伝統や精神みたいなものを感じた。ドラガナさんと知り合った。彼女はシャバツ市と富士見市をつなぐ架け橋のような存在だ。彼女の協力もあって、手紙の目的や日本の文化や伝統を深く理解することができた。日本大使館が協力してくれることも教えてくれた。そして、人と出会い、友情を含めることは、自分の財産になると学んだ。

Google レンズ - Google lens 

日本から届いた手紙を翻訳するのにとても役に立ったのはGoogleレンズだ。これはスマートフォンのカメラのレンズを手紙に向けると、リアルタイムにセルビア語に訳してくれる優れるものだ。まだこのアプリを使ったことがなければ、ぜひ試してみてください。
私たちの学校には全部250枚の手紙が届いた。日本に住む友達からのメッセージにみんな感動していた。素敵な思い出としていつまでも残しておくように、写真をたくさん撮った。

返事 - Odgovor (オドゥゴヴォル)

日本の友達から手紙が届いた。今度は私たちが返事を書く番だった。全部で220枚の手紙が集まった。手紙の内容は様々だ。東京オリンピックの成功を願うこと、みんなが健康でいられること、新型コロナウイルスに負けないこと。中にはちょっとした芸術作品のような立派な手紙もあった。

結論 - Zakljucak (ザクリュチャック)

プロジェクトを通して大切なことを学んだ。まず、私たちは一人ではないこと。地球の反対側には、私たちがより良い人生を過ごし、勉強、仕事、スポーツの分野で成功することを願っている人たちがいる。日本の学校に通う子どもたちと私たちとの間には多くの共通点があることも分かった。同じような興味、心配、悩みごとがある。例えば、みんなスポーツが好きだ。絵を描くこともそう。私たちと似ているところはたくさんある。

調べたこと - Istrazivali smo (イストラジヴァリ スモ)

  • 日本と姉妹都市の富士見市について
  • 日本の子ども達の習慣、伝統文化について
  • 日本で使われている言葉や文字について
  • 漫画について
  • GOOGLEレンズと日常的に使えることについて
  • 東京オリンピックについて
  • 手紙のやり取りと忘れてしまった書き方について

最後に - Za kraj (ザ クラユ)

今回のプロジェクトに参加することができたのは下記の方々からのご協力とご支援がございました。心より感謝申し上げます。

  • 在セルビア日本国大使館
  • 日本郵便株式会社
  • 富士見市立針ケ谷小学校
  • シャバツ市
  • ドラガナ・ペトロヴィッチさん シャバツ富士見友好協会事務
  • シャバツ市ニコライ・ウエリミロヴィッチ小学校の3年生と4年生の皆さん

お問い合わせ

文化・スポーツ振興課 オリンピック・パラリンピックグループ

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線631・633)

ファックス:049-254-2000

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ