このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

パラリンピック正式競技種目「ボッチャ」体験教室を開催しました!!

最終更新日:2019年12月27日

12月11日(水曜日)つるせ台小学校体育館で同校4年生児童(90名)を対象にボッチャの体験教室を実施しました。

 指導者には、あいおいニッセイ同和損害保険(株)の皆様にご協力をお願いし、来年開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた機運醸成とともに障がい者スポーツの理解と魅力を伝えることができました。
 始めにボッチャのルール説明と障がい者スポーツの紹介があり、その後児童たちは3~4人でグループを組み、チーム対抗戦にて試合を行いました。初めてボッチャのボールを投げる児童たちは、ボールを投げる位置や方向、転がし方をみんなで相談し、作戦を立てながら試合に臨んでいました。
 児童のみなさんがボッチャ体験を通して障がいの有無に関係なく、スポーツの素晴らしさやパラスポーツ競技の魅力を感じていました。
(注記)富士見市とあいおいニッセイ同和損害保険(株)は平成31年2月12日に包括連携に関する協定を締結。
 特に全国で障がい者スポーツ支援の取り組みに力を入れている法人です。今回はスポーツ関連サポートプログラムのメニューを活用させていただきました。

お問い合わせ

生涯学習課 オリンピック・パラリンピックグループ

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1873-1(中央図書館2階)

電話:049-251-2711(内線633)

ファックス:049-255-9635

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ