このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

セルビアを旅した気分になろう!

最終更新日:2020年8月12日

セルビアのおすすめ観光コース

 富士見市は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、セルビア共和国を相手国とするホストタウン及び共生社会ホストタウンに登録されています。

皆さんはセルビア共和国がどこにあるか知っていますか。
市民の皆さんの中にはセルビア共和国に行ったことがある方もいるかもしれませんね。
現在は、新型コロナウイルス感染症による影響で、海外旅行にもなかなか行くことができない状況ですが、いつか訪れていただけるよう、また少しでもセルビアを旅行した気分になれるよう観光ルートを2コースご提案します。

日本からセルビア共和国までは、飛行機で約十六時間かかります。直行便はなく、乗り換えが必要です。
少し遠く感じるセルビア共和国ですが、素敵な場所がたくさんあり、日本と同じように四季があります。
そして、セルビア人はとてもフレンドリーで日本に好感を持っている方も多くいらっしゃいます。
市民の皆さんがセルビア共和国により関心を持っていただき、来年の東京2020大会時に皆さんと一緒にセルビア共和国の選手団を市一丸となりお迎えしたいと思います。
ぜひ、セルビアの観光ルートをご覧ください。
 

セルビア共和国について

・東ヨーロッパ バルカン半島の内陸
・首都 ベオグラード
・人口 約900万人
・面積 約8万8000平方キロメートル(北海道と同じくらい)
・言語 セルビア語
・文字 キリル文字
・世界遺産 17か所

お問い合わせ

生涯学習課 オリンピック・パラリンピックグループ

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1873-1(中央図書館2階)

電話:049-251-2711(内線633)

ファックス:049-255-9635

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ