このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

セルビアと日本の友好関係を知る!「セルビアは親日家…?」

最終更新日:2021年1月20日

首都ベオグラードを元気に走り続ける黄色いバス

 現在、本市では今夏開催予定の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会におけるセルビア共和国のホストタウンとして、様々な関連事業に取り組んでおります。
 そのような中、「セルビアが親日家である」ことに感銘を受け、親近感を高め「セルビア共和国」をより日本人に知っていただき、これまでのセルビアと日本の友好関係が築かれていく過程を多くの方に伝えたいと東洋英和女学院大学の学生3名が国際教養セミナーの受講をとおして記事をまとめました。
 改めて「セルビア共和国」を知る機会として、このたび大学生が作成いたしました報告書(レポート)をぜひご覧いただき、市民の皆さんがセルビア共和国にさらに関心を持って、今夏開催予定である東京2020大会時に皆さんと一緒にセルビア共和国の選手団を市一丸となってお迎えし、応援できればと考えております。

報告書(レポート)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記事完成版(PDF:1,610KB)
記事作成(提供)者
東洋英和女学院大学2年生 鈴木里菜さん、石塚春生さん、鈴木葉月さん

お問い合わせ

文化・スポーツ振興課 オリンピック・パラリンピックグループ

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線631・633)

ファックス:049-254-2000

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ