このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

No,8・・・鶴瀬駅開設の石碑とナツメの木

最終更新日:2019年1月25日

100年近い歴史を持つ鶴瀬駅は、大正3年(1914年)に開業した東上鉄道(現東武東上線)の当初からの駅の一つです。

鶴瀬駅之碑と鶴瀬停車塲記念碑

鶴瀬駅の碑
鶴瀬停車塲記念碑(左)と鶴瀬駅之碑(右)

駅の上り線最後部(川越方面側)に立つと、線路わきに2基の石碑が見えます。右が「鶴瀬駅之碑」、左が「鶴瀬停車塲記念」碑で、ともに大正3年に建てられたものです。

鶴瀬駅之碑には、地元の協力で開設されたことや、「此ノ日天晴気朗、千里ヲ望ミ(中略)吐煙蜿蜒ト伸ビ、老若歓呼ス。実ニ空前ノ盛時ナリ」(原文は漢文)と開業日の盛大さを伝える文字が刻まれています。

鶴瀬停車塲記念碑は、駅開設に伴う新道整備に出資した有志40人による記念碑です。


鶴瀬駅設置有志の皆さん

大正7年の鶴瀬駅設置有志の写真には、機関車左側に鶴瀬駅之碑が見えます。当初は駅ホーム内に建てられていました。左端を拡大してみると、名所案内板に「諏訪神社、榛名神社、雲居の瀧、貝塚山、富の地蔵尊(三芳町)、大井町」とあり、当時の鶴瀬駅周辺の名所がわかります。


市役所前のナツメの木

市役所前のナツメの木の画像

鶴瀬駅開設にかかわる記念物に、ナツメの木があります。この木は鶴瀬駅開業1周年を記念して駅構内に松やイチョウとともに植樹された木です。

駅構内整備で伐採されることになりましたが、これを惜しむ市民からの要望により昭和50年(1975年)に現在の市役所前に移植し保存され続けています。


案内図

お問い合わせ

生涯学習課 文化財グループ

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1873-1(中央図書館2階)

電話:049-251-2711(内線637)

ファックス:049-255-9635

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ