このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

依存症について

最終更新日:2019年1月25日

依存症とは、日常生活や社会生活に支障をきたしているにもかかわらず、お酒や薬物、ギャンブルなどにのめり込み、やめたいと思ってもやめられない状態を言います。依存症は、適切な治療と支援により回復が十分に可能です。代表的なものに、アルコール、薬物、ギャンブル依存症などがあります。

依存症から回復するために

本人にやめるように説得するだけではほとんどうまくいきません。本人が問題を認識し、病気について学んだり、同じ問題を抱えた人のグループに参加したりすることが回復につながります。専門の医療機関を受診するなど、関係機関に相談してみましょう。本人の受診や相談が難しい場合は、まず家族が相談機関へ相談することをお勧めします。

依存症の相談窓口について

埼玉県精神保健福祉センター(予約制)
依存症についての来所相談を実施しています。
予約専用電話048-723-6811
依存症に関する各種プログラムも実施しています。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。埼玉県精神保健福祉センターのホームページ(外部サイト)
こころの健康相談(予約制)
依存症かどうか分からずにお悩みの方やその家族を対象に、精神科医師による相談を実施しています。
申込先:障がい福祉課
こころの健康相談について(障がい福祉課ホームページ)

もっと詳しく知りたい方へ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。依存症についてもっと知りたい方へ(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ギャンブル等依存症でお困りの皆様へ(消費者庁ホームページ)(外部サイト)

お問い合わせ

障がい福祉課

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎1階

電話:049-251-2711(内線322・336・371)

ファックス:049-251-1025

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ