このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

ヘルプマークについて

最終更新日:2019年2月7日

ヘルプマーク


 ヘルプマークとは、義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲に配慮を必要としていることを知らせるマークです。埼玉県では、平成29年7月からこのマークを導入し、普及を図っています。
 ヘルプマークを持っている人を見かけたら、電車やバスの席をゆずる、優先席へ案内する、困っているようであれば声をかけるなど、思いやりのある行動にご協力をお願いします


配布について

対象者
義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としヘルプマークの配布を希望している方
配布場所
障がい福祉課
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。富士見市社会福祉協議会(外部サイト)
富士見市障がい者相談支援センター
  • 障害者手帳の有無は問いません。
  • 数に限りがあるため、配布は一人ひとつです。
  • 窓口には利用者本人か代理人の方がお越しください。
  • 郵送は原則行っていません。 

バッグにつけたヘルプマーク

ベルトにつけたヘルプマーク



ヘルプカードも併せてご活用ください

ヘルプカード

緊急連絡先や必要な支援内容等を記載するヘルプカードも配布しています。


障がい者に関連するマークについて

ヘルプマークのほかにも障がい者に関連するマークがあります。これらのマークを見たら心配りをお願いします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。障がい者に関連するマーク(外部サイト)

お問い合わせ

障がい福祉課 庶務係

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎1階

電話:049-251-2711(内線371・372・373)

ファックス:049-251-1025

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ