このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

特定非営利活動法人教育援護会(社会教育)

法人についての詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。埼玉県NPO情報ステーション(外部サイト)をご覧ください。

取材レポート(平成23年7月21日)

教育に夢と感動を

 地元の小学校、中学校を卒業されたという川上代表理事。
 富士見市で育ったことからその地域への思いは強く、本職『塾長』というご自身の経験を元に、NPOを立ち上げられたとのことです。

 きっかけは、塾に通う子どもたちに、勉強や進学に対して悩みや不安、心配事がありすぎることから。このことを解決するべく、根本から治していかなくてはならないという思いにかられたそうです。行き着くところは『学校教員の特別研修』

 「40歳、50歳、いくつになっても夢を持つことが元気の秘訣です。うちのスタッフには夢を語らせます。特に学校では幅広い教育で、子どもたちに将来の夢を与えてくれる心温まる教師が必要ですし、常に研修を行い向上を目指すことが当然です」

 ぜひ学校教員にも夢を持って教育にあたってほしいと定例的に希望者を対象に研修をしているそうです。夢は人を変え、心を育てると言わんばかりの川上代表理事は、情熱のかたまりでした。

社会貢献と芸術の振興、地域ボランティア

 毎日忙しい中にも心にゆとりを持つ時間の大切さから、理解あるピアニストに依頼し『チャリティコンサート』を開催しています。
 また、ごみゼロの日にあわせ、地域の子どもたちとみずほ台駅と鶴瀬駅周辺の『ごみ拾い』をしています。通りすがりの方から思いがけず「ありがとう」と言われとても嬉しかったと子どもたちは笑顔いっぱいだったそうです。

教育は信頼から

 信頼なくして人間関係は成り立ちません。共に考え共に歩むことの大切さから、生徒、保護者、教員を対象に教育講演会を開催しています。

 また、経済的に塾に通えない生徒へのサポートをしています。例えば、外国人生徒の勉強の手引きなど。これは、川上代表理事が中学生時代に通塾を可能にしてくれた恩人への思いからだそうです。

「子どもが夢を持つように教育改革をしたいですね」

 夢に向かってもっともっと勉強したい!でも受講料がない・・・学ぶことに経済的な格差は無関係、努力は人を裏切らない、将来は誰にでも通える無料のNPO塾を開きたいと、自信に満ちた目で熱く語りかけ、手に汗握る取材でした。

スタッフのみなさん

所在地


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ