このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

麦づくり体験について

最終更新日:2020年11月26日

かつて富士見市内では、田畑で麦を多く作っていました。田んぼでは春から秋にかけて稲を、秋から翌春にかけて麦を育てる「二毛作」が行われていました。この体験では、園内の田んぼで麦を栽培します。体験は全6回。種まきから製粉(小麦粉づくり)、試食までを行います。
令和2年度は開催しません。以下は、令和元年度の募集内容を参考のために残しています。

定員:7組(1組4名以内、申込み順)
参加費:1,000円(通信費、材料代)
申込み:令和元年9月28日(土曜日)午前9時から電話で

麦づくり体験開催日時
  内容 日付 時間 備考
第1回 説明、種まき、耕起 11月9日(土曜日) 午前10時から正午  
第2回 土入れ、麦踏み 令和2年
1月25日(土曜日)
午前10時から正午  
第3回 草取り、土寄せ、試食 3月7日(土曜日) 午前10時から午後1時 うどん
第4回 麦刈り 6月13日(土曜日) 午前10時から正午  
第5回 脱穀・精選 6月27日(土曜日) 午前10時から正午  
第6回 石臼で製粉・試食 7月11日(土曜日) 午前10時から午後1時 ヤキビン
すいとん

試食予定の品々

お問い合わせ

難波田城資料館

〒354-0004 埼玉県富士見市大字下南畑568番地1

電話:049-253-4664

ファックス:049-253-4665

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ