このページの先頭です

ページID:866322075

麦づくり体験について

最終更新日:2023年10月22日

おかげさまで、令和5年度の募集は定員に達しました。

かつて富士見市内では、田畑で麦を多く作っていました。田んぼでは春から秋にかけて稲を、秋から翌春にかけて麦を育てる「二毛作」が行われていました。麦づくり体験では、園内の田畑で大麦と小麦を栽培します。体験は全7回。種まきから製粉(小麦粉づくり)、ばいせん(麦茶づくり)、試食(すいとんなど)まで行います。今では栽培する機会が減ってしまった麦。育てて、食べて・飲んでみませんか。
皆様のご参加をお待ちしております!

時間:午前10時~正午(令和6年7月13日(土曜日)は午後1時まで)
場所:難波田城公園内の田んぼ・畑
定員:10組(1組4名以内、申込み順)
 *広報富士見などでは市内在住・在学・在勤者を含むことを条件としていましたが、市外の方も参加可能とします。
参加費:500円(通信費、材料代)
持ち物:汚れてもよい服装・履物
協力:難波田城いきものがかり
申込み:令和5年10月1日(日曜日)午前9時から電話で

麦づくり体験日程
とき内容
令和5年11月11日(土曜日)うね立て、種まき
令和6年1月27日(土曜日)麦踏み、土入れ
3月2日(土曜日)草取り、土寄せ
(どちらか1日)
4月13日(土曜日)
5月25日(土曜日)収穫(しゅうかく)
6月8日(土曜日)脱穀(だっこく)
6月29日(土曜日)精選
7月13日(土曜日)製粉、焙煎(ばいせん)、試食

(注記)日程は麦の生育状態、天候等により変更する場合があります。

お問い合わせ

難波田城資料館

〒354-0004 埼玉県富士見市大字下南畑568番地1

電話番号:049-253-4664

FAX:049-253-4665

このページのお問い合わせ先にメールを送る