このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

保養施設利用補助事業(宿泊施設)

最終更新日:2020年4月1日

保養施設利用補助事業とは

国民健康保険に加入しているみなさんを対象に、保養目的で宿泊施設を利用する際に宿泊料金の補助をしている事業です。心身のリフレッシュに活用してください。

宿泊施設一覧及び補助金額

補助を行っている宿泊施設は、大きく分けて3種類あります。手続きから補助を受けるまでの流れがそれぞれ異なりますので、以下をご参照ください。

区分対象施設
(クリックすると施設一覧がPDFファイルで確認できます)
補助金額など補助泊数
第1種ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。埼玉県国保連合会の契約保養施設(PDF:726KB)大人2,000円
小人1,000円
(いずれも1泊につき)
第1種・第2種あわせて年度内2泊まで
第2種ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。かんぽの宿・かんぽの郷(PDF:121KB)・公営国民宿舎
第4種ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。熱海市観光協会加盟施設(PDF:131KB)協定料金で利用
(大人のみ1泊につき500円の割引)
宿泊数制限なし
大人:中学生以上のかたが対象
小人:小学生のかたが対象

(第1種)手続きから補助を受けるまでの流れ

(利用券に忘れずに押印をお願いします)

  1. 契約保養施設に直接連絡し、宿泊予約をする

    (ご予約の際は、「埼玉県国保連合会契約保養施設での宿泊利用」とお伝えください)

  2. 保険証を持参のうえ保険年金課にて申請し、宿泊利用券・助成券の交付を受ける

    (補助を受けるためには、宿泊の前までに交付申請が必要です)

  3. 宿泊利用券・助成券を宿泊施設に提出する
  4. 協定宿泊料金から補助金額が差し引かれます

(第2種)手続きから補助を受けるまでの流れ

  1. 宿泊施設(かんぽの宿・かんぽの郷・公営国民宿舎)に宿泊する
  2. 保険年金課にて、補助金の申請をする

    (手続きの際、保険証・宿泊した領収書・預金通帳又はキャッシュカード・印鑑をご持参ください)
    (年度内に宿泊した補助金の申請は、翌年度の4月末日が期限となります)

  3. 申請から約1か月後に、指定口座に補助金額を振り込みます

(第4種)手続きから補助を受けるまでの流れ

  1. 保険証を持参のうえ保険年金課で申請し、宿泊利用券の交付を受ける
  2. 宿泊利用券を宿泊施設に提示する
  3. 宿泊料金から500円差し引かれます

補助にあたっての注意

補助を受けるには、申請日時点で納期到来分の国民健康保険税を完納されていることが条件です。
(注記)銀行やコンビニエンスストアでお支払いされた情報を把握するまで、3週間程度要します。その際にはお手数おかけいたしますが、領収書のご持参をお願いいたします。

お問い合わせ

保険年金課 健康保険係

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎1階

電話:049-252-7112

ファックス:049-254-2000

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ