このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

空家のワンストップ利活用相談事業

最終更新日:2020年4月1日

空家のワンストップ利活用相談とは

空家の解決方法としては、「売却、賃貸、リフォーム、解体、土地活用」などの様々な選択肢があり、だからこそ「どうしてよいかわからない」「どこに相談すればよいのか分からない」という空家の所有者のかたから相談が多く寄せられています。
また、相続の問題などを抱えており、なかなか空家を解決できずに悩んでいるかたも少なくありません。

相談業者が空家に関する相談を一元的に受付

そこで、市では、空家に関する相談を一つの相談窓口で対応するため、不動産団体と事業協定を締結し、空家のワンストップ利活用相談事業を行っています。
相談窓口として選任された不動産業者が担当として、相談受付から現地立ち合い、協力業者(解体業者、リフォーム業者など)や専門家(司法書士、弁護士など)の紹介、売却の手続きなどの一連の業務をワンストップで対応し、解決に導きます。

相談できる方

富士見市に所在する空家の所有者・管理者・相続人・相続予定者など
富士見市に居住していなくても、空家が富士見市内にあれば相談できます。

相談の流れ

建築指導課の窓口又は以下の協定先に直接お問い合わせください。
「公益社団法人埼玉県宅地建物取引業協会埼玉西部支部」(電話:049-265-6390)
「公益社団法人全日本不動産協会埼玉県本部県央東支部」(電話:048-839-2222)
受付時間:平日午前9時から午後4時まで

wansuto

相談費用は原則無料となります。
相談者の依頼に基づく専門相談等は有料となります。

チラシ

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。空家のワンストップ利活用相談のお知らせ(PDF:560KB)

tirashi


お問い合わせ

建築指導課

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線418・422・423)

ファックス:049-254-0210

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ