このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

離乳後期(生後9か月~11か月頃)

最終更新日:2020年5月12日

すすめ方のポイント

  • 離乳食はできるだけ毎日同じ時間に与え、食事のリズムを大切に1日3回食に進めましょう。慣れてきたら大人と同じタイミングで食事をとるようにする。ただし、赤ちゃんの胃腸への負担を考えて、3回目の食事は午後7時ごろまでに終えるようにしましょう。
  • かみかみしやすいように、歯ぐきでつぶせるくらい(熟したバナナくらい)の固さにしましょう。
  • コップで飲む練習を始めましょう。
  • 共食(誰かと共に食事をすること)を通じて食の楽しい体験を積み重ねましょう。

1回当たりの目安量

穀類(g)

全がゆ90~軟飯80

野菜・果物(g) 30~40

魚(g)

15
または肉(g) 15
または豆腐(g) 45
または卵(g) 全卵1/2
または乳製品(g) 80

  • この表は目安ですので、赤ちゃんに合わせて進め方や食品の量を調整しましょう。
  • 離乳食が足りているか、食べすぎていないか不安になったら、母子健康手帳の成長曲線のグラフに体重・身長を記入して、成長曲線のカーブにそって伸びていれば大丈夫です。

離乳後期に食べられる食品

離乳後期に食べられる食材、全粥から軟飯に移行する。食パン、ロールパン、うどん、そうめん、マカロニ、細めスパゲティ、じゃがいも、里芋、食物繊維の多い野菜以外は柔らかく煮ればほとんどの食材を使うことができる。きのこ類もOK。白身魚、熱湯をかけて塩抜きしたしらす干し、赤身魚、熱湯をかけて油分と塩分を抜いたツナ缶、青背魚、貝類(やわらかい部分)、鶏ささみ肉、鶏むね肉、豚肉や牛肉の赤身、豆腐、きな粉、納豆、高野豆腐、大豆、全卵、育児用ミルク、牛乳(調理のみOK)、プレーンヨーグルト、プロセスチーズ

レシピの紹介

手づかみ食べ

手づかみ食べは、生後9か月頃から始まり、1歳過ぎの子どもの発達にとって、積極的にさせたい行動です。食べ物を触ったり、握ったりすることで、その固さや触感を体験し、食べ物への関心につながり、自らの意思で食べようとする行動につながります。赤ちゃんが手づかみ食べをすると周りが汚れて大変、食事に時間がかかる等の理由から、手づかみ食べをさせたくないと考える方もいると思います。そのような場合、汚れてもよい環境(新聞紙などを敷く)を整えてみましょう。

フォローアップミルクについて

フォローアップミルクは母乳代替食品ではなく、離乳が順調に進んでいる場合は、摂取する必要はありません。離乳が順調に進まず鉄欠乏のリスクが高い場合や、体重増加が見られない場合には、医師に相談した上で、必要に応じてフォローアップミルクを活用すること等を検討しましょう。

関連リンク

お問い合わせ

健康増進センター 母子保健係

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬3351-2

電話:049-252-3771

ファックス:049-255-3321

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ