このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

29 宿(多門氏館跡)(しゅくおかどしやかたあと)遺跡

最終更新日:2019年1月25日

29 宿(多門氏館跡)(しゅくおかどしやかたあと)遺跡の画像

時代:旧石器・縄文(早・前)・戦国・江戸

種別:礫群等・城館跡

所在地:埼玉県富士見市諏訪2丁目、大字鶴馬 字前谷

占地:独立丘状の低位台地。南は江川低地、東は荒川低地に面する

面積:約30000平方メートル

調査地点数:2地点

調査面積:420平方メートル

主な遺構・出土品:近世初期の領主であった多門氏の館跡。堀や土塁が明確に残り、その規模から戦国末期の城跡とも考えられている。また、旧石器時代の石器なども発見されている。

発見の経緯:江戸時代から城館跡として知られてきた。以後、変更増補を重ねて現在に至る

地目:山林・畑・宅地

現状:一部開発済、その他は良好

周辺の開発状況:開発は少ない

文献:新編武蔵風土記稿,富士見市市史調査報告3

備考:別称:鶴馬館、多門館跡

写真:戦国時代?の堀と土塁

お問い合わせ

生涯学習課 文化財グループ

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1873-1(中央図書館2階)

電話:049-251-2711(内線637)

ファックス:049-255-9635

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ