このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

公道について(占用・採納)

最終更新日:2019年1月25日

富士見市道の概要

平成30年4月1日現在、富士見市道が3,087路線、道路延長は403.8キロメートルあります。

道路の占用・水路の使用と自費施行

やむをえず道路に工作物、物件または施設を設けたり、水路に橋などをかけ継続して使用する場合には占用許可・使用許可が必要です。
また、新たに出入り口を設置するときに歩車道ブロックの撤去や切り下げをする場合には自費施行承認許可が必要です。

なお、許可については、一定の基準がありますのでご注意ください。

道路占用許可申請・公共物使用許可申請・自費施行許可申請の手続き

占用許可・使用許可・自費施行許可を受けるには、所定の申請用紙に必要事項を記入し、案内図、平面図、縦横断図・写真などを添付して提出してください。

私道を公道に(私道寄附採納)

「採納」とは、寄附(無償で提供すること)の要望が出されたものを市が受け入れることで、採納された道路は公道となり、舗装や側溝の整備・修繕を市が行います。また、将来にわたり市が維持管理することになります。ただし、採納するには、一定の要件を満たしその私道の所有者の承諾が必要です。

お問い合わせ

交通・管理課

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線408・412・405・407)

ファックス:049-254-0210

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ