このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

介護保険負担限度額認定について

最終更新日:2020年5月29日

介護保険の施設サービスをご利用する場合に、食費と居住費の減額を受ける制度です。

対象となる方

介護保険施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院)に入所、または短期入所(ショートステイ)する方で、以下の要件をすべて満たす方

1.本人を含む世帯員全員が市民税非課税であること
2.配偶者が市町村民税非課税であること(別世帯の配偶者、内縁関係の者も含む)
3.預貯金の額が1,000万円以下であること(配偶者がいる場合は2,000万円以下)

負担限度額(1日あたり)

負担限度額認定が適用された方の食費及び居住費の限度額は、以下の表のとおりです。
各段階は、非課税年金(遺族年金、障害年金)を収入額に含んで判定します。

利用者負担段階居住費の負担限度額食費の負担限度額
ユニット型個室ユニット型個室的多床室従来型個室多床室
第1段階生活保護の受給者820円490円490円0円300円
(320円)0円300円
第2段階合計所得金額+課税年金収入額+非課税年金収入額が80万円以下の方820円490円490円370円390円
(420円)370円390円
第3段階第2段階以外の方1,310円1,310円1,310円370円650円
(820円)370円650円

(注記)介護老人福祉施設と短期入所生活介護を利用した場合の従来型個室の負担限度額はカッコ内の金額です。

申請方法

対象となる要件をご確認の上、必要書類を揃えて申請書のご提出ください。

提出先:富士見市役所高齢者福祉課 (注記)郵送でも受付けております。

申請に必要なもの

  • 預貯金残高等がわかるもののコピー
1.預貯金口座残高のコピー
 (銀行名、支店名、口座名義人の記載があるページと、最終残高がわかるページが必要です)
2.その他、投資信託、国債等の有価証券などがある場合には、証券会社や銀行口座の残高(評価額)のコピー
3.負債がある場合は、借用書等の負債残高がわかるもののコピー
(注記)配偶者名義分のものについてもコピーが必要です(配偶者がいる場合のみ)
(注記)残高は、直近1か月以内のものが必要です。
(注記)複数の口座をお持ちの場合は、すべての口座のコピーが必要です。

お問い合わせ

高齢者福祉課 介護保険係

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎1階

電話:049-252-7107

ファックス:049-251-1025

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ