このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

建築基準法第43条第2項第1号の規定に関する認定基準について

最終更新日:2019年1月21日

建築基準法第43条第2項第1号の規定に関する認定基準について

 建築物の敷地は、建築基準法第43条第1項の規定により、建築基準法で規定する道路(以下「法の道路」という)に2メートル以上接している必要があります。したがって、法の道路に接していない敷地には、原則として建築物は建てられません。ただし、この規定には以下のとおり建築基準法第43条第2項第1号の規定に基づく認定制度があります。
 敷地が幅員4メートル以上の道(農道や道路位置指定の基準を満たす通路等)に2メートル以上接する建築物のうち、延べ面積が200平方メートル以内の一戸建ての住宅で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めるものが、認定制度の対象となります。この場合、建築審査会の同意は要しません。
 富士見市は、建築基準法第6条第1項第4号に規定する建築物(木造2階建て程度)の認定を行います。
 詳しくは建築指導課までお問い合わせください。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。建築基準法第43条第2項第1号の規定に関する認定基準(PDF:104KB)

お問い合わせ

建築指導課

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線418・422・423)

ファックス:049-254-0210

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ