このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

富士見市立勝瀬小学校

最終更新日:2020年8月3日

画像:勝瀬小学校校章

画像:勝瀬小学校1

画像:勝瀬小学校2


〒354-0031 富士見市大字勝瀬674
電話 049-262-1065 FAX 049-261-8369

目次

入学前は期待、在学中は安心、卒業後は誇りと思える学校

年月学校の沿革
昭和46年4月1日埼玉県入間郡富士見町立勝瀬小学校として開校、鶴瀬小学校を仮校舎とする。
学級数16 児童数593人 教職員数21人 初代校長 臺 正夫着任
昭和46年6月23日現在地に新校舎完成 鉄筋コンクリート3階建て 普通教室12 特別教室4
昭和46年9月1日校章を制定する。
昭和46年11月22日開校式典を挙行する。校旗制定し、11月22日を開校記念日と定める。
昭和47年10月9日校舎建築第2期工事 普通教室12 給食受入室完成
昭和48年4月1日第2代校長 茗 尚男着任
昭和48年9月26日「校旗の歌」制定
昭和49年5月28日校舎建築第3期工事 普通教室12 特別教室4 管理室6完成
昭和52年4月1日第3代校長 小島 俊平着任
昭和54年7月26日学校プール完成
昭和55年11月26日開校10周年記念式典挙行
昭和56年4月1日第4代校長 清水 八郎着任
昭和60年4月1日第5代校長 坂本 利夫着任
昭和62年4月1日第6代校長 矢口 忠昭着任
平成1年7月大規模改修工事着工
平成2年12月1日開校20周年記念式典挙行
平成3年3月卒業記念事業「ほたるの里」第1期工事
平成3年4月1日第7代校長 金崎 義彦着任
平成4年3月卒業記念事業「ほたるの里」第2期工事
平成5年3月卒業記念事業「ほたるの里」第3期工事
平成7年4月1日第8代校長 久保田 正己着任
平成10年4月1日第9代校長 大澤 久男着任
平成12年4月1日第10代校長 石井 悦子着任
平成13年11月18日開校30周年記念式典挙行
平成14年4月1日第11代校長 初野 誠治着任
平成14年8月職員室等空調設備設置工事
平成15年9月ビオトープ再生計画実施
平成16年8月31日新体育小屋完成
平成16年12月1日市教委委嘱「総合的な学習の時間」研究発表会
平成17年4月1日第12代校長 松本 常美着任
平成18年7月耐震補強工事
平成20年2月学校プール改修工事
平成20年11月21日市教委委嘱「国語科」研究発表会
平成21年4月1日第13代校長 清水 洋志着任
平成21年9月体育館耐震補強工事
平成22年3月教育用コンピュータ10台増設 校務用コンピュータ全職員分導入
平成22年9月体育館トイレ改修
平成23年3月冷水機13台設置
平成23年3月16日開校40周年記念誌刊行
平成23年8月校舎裏駐車場整備開始
平成23年9月電子黒板導入
平成24年1月27日市教委委嘱「特別活動」研究発表会
平成24年8月北・中校舎トイレ改修
平成24年10月校舎裏駐車場整備
平成25年6月教室・特別教室空気調和設備設置
平成25年8月南校舎トイレ改修
平成25年11月市・県教委委嘱「体育科」研究発表会
平成26年4月1日第14代校長 北田 裕一着任
平成26年10月17日市・県教委委嘱「体育科」研究発表会
平成28年10月14日市委嘱「お互いに認め合いながら、主体的に学びあう児童の育成」研究発表会
平成29年4月1日第15代校長 板橋 三宏 着任
平成29年10月27日市委嘱「互いに認め合い、主体的に学びあう児童の育成を目指して」研究発表会~国語科を中心とした、学びあう授業実践を通して~
平成31年3月教育用タブレットコンピュータ導入
平成31年4月第16代校長 小林 正剛 着任
令和元年11月

第1期大規模改修工事完了

令和2年11月13日市委嘱「お互いに認め合いながら、主体的に学びあう児童の育成」研究発表会
令和2年5月1日現在
 1年2年3年4年5年6年特別支援学級
児童数9810599991061106623
学級数333333220
令和2年度
1学期2学期3学期
行事行事行事
48始業式・入学式826始業式123学校公開日8始業式
5 臨時休業1015就学時健康診断2

25,26
3/2,3

授業参観・懇談会
  24,256年修学旅行
  
      286年生を送る会
6
臨時休業118校内音楽会(児童のみ)313卒業式予行
  9校内音楽会(保護者へ発表)24卒業式
  22開校記念日26修了式
  29風の子マラソン  
73,4,5授業参観・懇談会27,29,12/2授業参観・懇談会 
     
     
  1220終業式   
     

(注記)行事日程は変更することがあります。
(注記)詳しくは学校だよりなどでご確認ください。

    

令和2年度

令和元年度

画像:校章

校旗の歌


校章と校旗の歌

 アウトラインの三つの菱形は、小学校の小の文字を抽象化したばかりでなく、静かな水面に姿を映す富士をかたどったものである。(中略)即ち富士を表現する直線と鋭角は知性と節度を表し、中央の大きな菱形は、未来に向かって大きく伸びゆく子どもを、そして、左右の菱形は、その成長を育む教師と父母の姿を意味づけたものである。(勝瀬小学校十周年記念誌より抜粋)

 校章は初代校長の故臺 正夫(だいまさお)先生が富士見市の「富士」を「小」の字の形にデザインしたものです。「校旗の歌」は、やはり臺先生と当時の音楽主任であった林先生が、校歌ができるまでの間、代わりに歌う歌として作ったものでした。しかし、結局その後、別に校歌が作られることはなく、「校旗の歌」が勝瀬小学校の校歌として歌い継がれています。(勝瀬小学校三十年記念誌より抜粋)

作詞 臺 正夫 作曲 林 宏

一、 富士の姿に願いをこめて
 希望に満ちた われらの校旗
 より美しく より強く より高く
 勝瀬 勝瀬 勝瀬
 校旗のもとに集まろう

二、 紫紺の色に 染めあげられた
 光り輝く われらの校旗
 みんなが心 はつらつとよせあって
 勝瀬 勝瀬 勝瀬
 校旗のもとに集まろう

お問い合わせ

学校教育課 管理グループ

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1873-1(中央図書館2階)

電話:049-251-2711(内線621・622・623)

ファックス:049-255-9635

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ