このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

蜂の巣の駆除について

最終更新日:2019年1月25日

毎年、初夏から秋にかけて、蜂の営巣活動が活発になります。蜂の巣を見かけたら、巣に近づいたり刺激を与えないようにしてください。蜂自身が危険を感じて人を攻撃してくる恐れがあります。

市では民有地内にできた蜂の巣の駆除は行っておりません。蜂の巣は、巣がある場所の所有者、管理者の方に駆除をお願いしております。

駆除方法については、下記の2通りの方法があります。

  • 個人で蜂の巣を駆除する
  • 専門業者に依頼して駆除する(駆除費用は自己負担)

スズメバチの巣の駆除

スズメバチの巣は、初期段階ではとっくりやつぼを逆さにしたような形をしています。それ以降は球状になり、表面はマーブル模様が入っていることが多いです。出入り口は一箇所しかありません。

スズメバチは、他のハチと比べても非常に攻撃的で危険です。巣の駆除については、専門の業者に依頼することをお勧めします。

下記の団体では、専門の業者を紹介しています。

一般社団法人 埼玉県ペストコントロール協会
住所:さいたま市桜区神田609
電話:048-854-2890

suzumebachi1

suzumebachi2


アシナガバチの巣の駆除

お椀を逆さにしたような形で、スズメバチの巣のような外皮がなくむき出しになっています。一般にスズメバチの巣よりは小さめであることが多いです。

アシナガバチは、スズメバチに比べ攻撃性が弱く、直接触れたり、巣を刺激しない限り進んで刺してくることはありません。巣の駆除を行う場合は、ホームセンターなどで購入できる蜂専用の駆除スプレーを使って行うか、専門の業者に駆除を依頼してください。

ashinagabachi1

ashinagabachi2

お問い合わせ

環境課

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線242・246・247・299)

ファックス:049-253-2700

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ