このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

技能労働者等への適切な賃金水準の確保について

最終更新日:2019年1月25日

平成28年2月から適用された公共工事設計労務単価(新労務単価)については、本年度当初の労務単価(旧労務単価)に比べ、全国平均で約4.9パーセントの上昇となっています。

市では、これに伴い新労務単価の早期適応を図っています。受注者の皆さまにおかれましては、この趣旨をご理解いただき、下記事項について適切な対応に努めていただくようようお願いいたします。

適正な賃金の支払いについて

工事のイラスト

市発注の建設工事は、埼玉県工事設計単価表に基づき積算しています。(平成28年2月1日以降に契約を行う工事のうち、旧労務単価を使用して予定価格を積算しているものについて、新労務単価に基づく契約に変更するための協議を請求することができます。)受注者は、適切な金額で下請け契約を締結するとともに、労働者への適正な賃金の支払いを下請け業者に要請してください。


社会保険等への加入の徹底について

下請契約を締結する場合は、社会保険料相当額(事業主負担分及び労働者負担分)を適切に含んだ額による下請負契約を締結してください。また、技能労働者に社会保険料相当額(労働者負担分)を適切に含んだ賃金を支払い、労働者を社会保険に加入させるよう下請業者に指導してください。

『新労務単価フォローアップ相談ダイヤル』について

国土交通省では、平成25年度公共工事設計労務単価の大幅な改訂時より、技能労働者の適切な賃金水準確保を円滑化するため、相談窓口として「新労務単価フォローアップ相談ダイヤル」を開設しています。

この相談ダイヤルは、元請事業者、下請事業者、技能労働者等、様々な立場の皆さんの『現場の生の声や情報』をお聞かせいただくことを目的に設置されたものです。

新労務単価フォローアップ相談ダイヤル
相談ダイヤル番号:0570-004976
E-mailアドレス:shinromutanka-fsd@mlit.go.jp
※詳しくは下記URLをクリックして、国土交通省のページをご覧ください

お問い合わせ

契約検査課

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎分館3階

電話:049-252-7130

ファックス:049-251-2726

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ