このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

ふわっぴーが着用するセルビア民族衣装が完成しました!

最終更新日:2020年2月7日

東京2020オリンピック・パラリンピック関連事業

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を盛り上げるため、富士見市がホストタウン・共生社会ホストタウンになっている「セルビア共和国」の伝統衣装をイメージしたふわっぴーのコスチュームを製作しました。(市役所1階に展示中)
セルビア共和国は、伝統的に刺しゅう業が盛んで、民族衣装には鮮やかな刺しゅうが施されています。

街やイベントで、このコスチュームを着たふわっぴーに会えるかも!?

製作には、市内で活動する編物サークル「愛夢(あむう)」の斉藤とみえさん(写真右)と、洋裁の活動をしている川井幸子(さちこ)さん(写真左)にご協力いただきました。
製作には約2か月間かかりました。

お問い合わせ

地域文化振興課

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線251・252)

ファックス:049-254-2000

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ