このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

富士見市建築物耐震改修促進計画

最終更新日:2020年4月1日

趣旨

平成7年の阪神・淡路大震災では地震により多数の人命が奪われました。その主な原因は昭和56年5月31日以前の旧基準で建てられた住宅・建築物の倒壊などによるものでした。
そこで市は、建築物の耐震診断および耐震改修の促進を図るために、平成22年9月に「富士見市建築物耐震改修促進計画」を策定し、建築物の耐震化の促進に取り組んできました。
平成27年度に計画の最終年度を迎えたことから、市内の既存建築物の更なる耐震化を促進するため、新たに「改定富士見市建築物耐震改修促進計画」を策定しました。

概要

令和2年度における住宅の目標耐震化率を95パーセントと設定し、そのために現状を認識し、目標達成のための施策を進めます。

  1. 経緯および目標
  2. 想定される地震の規模および被害の状況と耐震化の目標
  3. 市内の簡易耐震診断および意識調査
  4. 耐震化を図るための施策

改定富士見市建築物耐震改修促進計画等のダウンロード

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。改定富士見市建築物耐震改修促進計画(PDF:4,426KB)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。富士見市住宅耐震化緊急促進アクションプログラム(PDF:80KB)

富士見市住宅耐震化緊急促進アクションプログラムとは

建築物の耐震化の促進

住宅の耐震化は、地震による人的被害の減少に加えて、発災後の避難場所の確保や瓦礫の処理等の負担を減少させ、総合的に被害を減じていく効果が大きいと考えられます。このため、市は住宅の耐震化を積極的に進めますが、住宅については所有者等の防災に対する意識の問題、耐震化の費用の問題など耐震化を妨げる要因も多く、所有者等の意識の啓発に加えて情報の提供や費用助成の充実が必要です。こうした問題に効果的に対処するためには、住民に身近な市による取り組みが特に重要です。

市の啓発活動

簡易耐震診断を受けた方からのアンケート(改定富士見市建築物耐震改修促進計画P21)の結果から、住宅の耐震化を促進するためには、積極的な啓発活動及び情報発信が必要であり、「住宅耐震化緊急促進アクションプログラム」として啓発活動を行います。

住宅耐震化緊急促進アクションプログラム

市は、市内全域を対象として、戸建住宅のみならず分譲の共同住宅も含めた住宅を戸別訪問し、建築物所有者への積極的な普及啓発等を実施します。また、その啓発活動の実績を毎年ホームページで公表します。

区域の指定市内全域
対象建築物旧耐震基準の戸建住宅及び共同住宅(分譲)
実施期間平成29年度から令和2年度まで
訪問の実施戸建住宅戸別訪問
共同住宅(分譲マンションに限る)管理組合等
相談体制(社)埼玉建築士会と連携して行う
実績の公表訪問個数、診断実績、改修実績を各年の3月にホームページに公表する

富士見市住宅耐震化緊急促進アクションプログラムに基づく結果の公表について

アクションプログラムの規定に基づき以下のとおり公表します。

平成29年度分

1 戸建住宅

 件数補助金額(千円)備考
訪問戸数1,261 
耐震診断実績3210 
耐震改修工事実績32,600 

2 分譲マンション

 件数補助金額(千円)備考
訪問管理組合数7住宅戸数622戸
耐震診断実績00 
耐震改修工事実績00

平成30年度分

1 戸建住宅

 件数補助金額(千円)備考
訪問戸数1,482戸別訪問
耐震診断実績2140 
耐震改修工事実績00 

2 分譲マンション

 件数補助金額(千円)備考
訪問管理組合数22住宅戸数703戸
耐震診断実績00 
耐震改修工事実績00 

(注記)市内に存する旧耐震基準の分譲マンション(管理組合)への周知は完了しました。

令和元年度分

戸建て住宅
 件数補助金額(千円)備考
訪問戸数1,468戸別訪問
耐震診断実績00 
耐震改修工事実績11,000 

お問い合わせ

建築指導課

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線418・422・423)

ファックス:049-254-0210

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ