このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

納税証明書

最終更新日:2020年5月15日

納税証明書の種類

・市民税・県民税
・固定資産税(都市計画税)
・国民健康保険税
・軽自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)車検用
・法人市民税
・市税に未納がないことの証明(出張所では発行不可)
・過去3か年に市税の滞納処分を受けたことのない証明(出張所では発行不可)

証明書を交付できる方

1.本人
2.市内在住の同世帯の方(証明書の発行日時点)
3.本人からのダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。委任状(PDF:131KB)(原本)を持参した方
注意事項
新規ウインドウで開きます。申請者の本人確認できるもの(運転免許証など)が必要となります。
・法人名義のものを申請する場合は、代表者印または会社実印を申請書に押印いただくか、法人からの委任状(原本)が必要となります。
・軽自動車税(種別割)車検用を申請する場合は、車検証(有効期間内のもの)の原本またはコピーを持参した方にも交付できます。
・現住所が市外の場合は、同一世帯の方であっても、本人からの委任状(原本)が必要です。

来庁申請の場合

申請場所
市役所1階収税課
各出張所
必要なもの
1.本人または市内在住の同世帯の方(証明書の発行日時点)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。納税証明書交付申請書(PDF:223KB)(市役所、出張所にあります)
新規ウインドウで開きます。申請者の本人確認ができるもの(運転免許証など)
2.代理人の方
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。納税証明書交付申請書(PDF:223KB)(市役所、出張所にあります)
・本人からのダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。委任状(PDF:131KB)(原本)
新規ウインドウで開きます。申請者(代理人の方)の本人確認ができるもの(運転免許証など)
手数料
1通につき200円
(注記)軽自動車税(種別割)車検用は無料。
通数の計算
年度および税目ごとに1通として計算します。

郵送申請の場合

申請先
〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800-1/富士見市役所収税課
必要なもの
1.本人または市内在住の同世帯の方(証明書の発行日時点)
新規ウインドウで開きます。申請者の本人確認ができるもの(運転免許証など)のコピー
2.代理人の方
・本人からのダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。委任状(PDF:131KB)(原本)
新規ウインドウで開きます。申請者(代理人の方)の本人確認ができるもの(運転免許証など)のコピー
以下共通
3.申請書ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「納税証明書交付申請書(収税課)」(PDF:223KB)
(注記)お手元に申請書がない場合は次の事項を記載のうえお送りください。
・証明書の種類「納税証明書」と記載
・申請者の現住所、電話番号(日中連絡がとれるもの)、氏名、生年月日、本人との関係
・本人の現住所及び前住所(富士見市のときの住所)、氏名(フリガナ)、生年月日
・証明書が必要な税目、年度および証明書の通数
・使用目的(提出先)
4.返信用封筒
返信用封筒に送付先の郵便番号、住所、氏名を記載して、切手を貼ってください。
5.手数料分の定額小為替(郵便局で購入できます)
手数料については下記の手数料項目を参照してください。
手数料
1通につき200円
・郵送の場合は、手数料分の定額小為替(郵便局で購入)で送ってください。
・軽自動車税(種別割)車検用は無料。
通数の計算
年度および税目ごとに1通として計算します。

注意事項(申請前に下記事項を必ずご確認ください)

新規ウインドウで開きます。申請者の本人確認できるもの(運転免許証など)が必要となります。
・法人名義のものを申請する場合は、代表者印または会社実印を申請書に押印いただくか、法人からの委任状(原本)が必要となります。
・軽自動車税(種別割)車検用を申請する場合は、車検証(有効期間内のもの)の原本またはコピーを持参した方にも交付できます。
・現住所が市外の場合は、同一世帯の方であっても、本人からの委任状(原本)が必要です。
・「市税に未納がないことの証明」及び「過去3か年に市税の滞納処分を受けたことのない証明」は出張所では発行できません。
・申請日から遡って、3週間以内に納付したものがある場合は、その領収書をお持ちください。(郵送申請の場合はコピーをお付けください)(注記)納税の確認が取れるまで日数がかかるため
・口座振替の翌月10日までに請求する場合は、引き落とされたことを確認できる記帳済みの通帳をご持参ください。
・納税証明書が必要な税目と年度、また、未納がないかどうかを事前にご確認の上、申請してください。(注記)代理人の方の申請で、委任状に「納税に関しても委任する」旨の記載がなかった場合、その場で代理人の方が納税することはできません。
・納税証明書は直近4年度分まで発行できます。(注記)「市税に未納がないことの証明」は、年度を指定することはできません。
・委任状は原本をご持参ください。必ず委任者のハンコを押印ください。申請後、原本はご返却できません。
・車検証や領収書等は、画像(携帯やパソコン)での提示はお断りしております。原本またはコピーをご持参ください。
・本市の住民で公費の援助又は扶助を受けるために納税証明書を取得するときは、手数料が減免される場合があります。手数料減免の適用を受けようとする場合は、使用目的や提出先などが確認できるパンフレット等をご持参ください。
(注記)軽自動車税(種別割)の徴収猶予の特例を適用している期間中、軽自動車の継続検査を受ける場合、市で発行する「徴収猶予許可通知書」(自動車登録番号又は車両番号もしくは車台番号記載)が納税証明書に代わる証明書として取り扱われます。但し、平成31年度(令和元年度)以前の軽自動車税に滞納がないことが条件となります。

申請書・委任状書式

電子申請の場合

納税証明書の申請を行うことができます。
新規ウインドウで開きます。「電子申請・届出サービス」へリンク

お問い合わせ

収税課 管理グループ

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎1階

電話:049-252-7118

ファックス:049-254-6351

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ