このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

【東大久保地区】 水耕栽培を取り入れたトマト農家

最終更新日:2019年1月25日

水耕栽培とは…?

水耕栽培の棚田

水耕栽培とは、土を使わないで、植物の根を水に浸すような装置で栽培する方法です。植物に必要な栄養分(培養液)は水に溶かして与えます。
土を使わないので、
1. 害虫や病気のもとになるバイ菌や雑菌を防ぎやすい
2. 建物の中でできるので温度や湿度が自由になる
3. 汚れがなく清潔
4. 農薬の使用量が少なくてすむ
などのメリットがあります。


水耕栽培の棚田

左の写真は、水耕栽培の棚田です。根元には新鮮な井戸水と栄養分が循環していて、徹底した水温管理と養分管理のもと、根が養分を吸い上げてグングンと成長します。


トマトの種類

このハウスでは2種類のトマトが栽培されています。
小ぶりで可愛らしい実をつける品種の『アイコ』と、標準的なトマトの『麗夏』(れいか)です。

トマトの品種アイコ
アイコ

トマトの品種れいか
麗夏


収穫期

トマト(露地物)は夏野菜として知られていますが、こちらの農園では8月に作付けして11月頃に収穫期を迎えます。
ハウス栽培では、露地物が出回らない季節に、新鮮なトマトを安定した価格で提供することができます。

直売・出荷

「生産者と消費者が近いところで接することが大事」との考えから、市内数箇所で直売を中心に販売しています。

  • 市内には新井トマトファームの他にも、トマトを生産・販売している農家があります。
農家名所在地連絡先ひと言PR
新井トマトファーム東大久保2233049-251-9567マイナスイオン水を使用した水耕栽培です。
吉原農園南畑新田13049-251-1033有機質肥料を使用し、減農薬栽培しています。
砂川農園下南畑3582049-251-0118美味しいと言われる野菜づくりにつとめています。
小嶋農園下南畑807049-251-8962採りたての完熟トマトです。

取材協力

新井トマトファーム

作業中の大変お忙しいところ、取材に協力していただき、ありがとうございました。

【園主さんより】左写真は奥様です
「トマトの育成は、子どもを育てるのと同じで、手をかけた分だけ返ってきてくれる。」「水にこだわり、トマトを丹精込めて育てる。トマトに対する愛情は私のほうが(主人より)上。」と、こっそりおっしゃっていました。


新井トマトファームへのアクセス

お問い合わせ

産業振興課 農政グループ

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線243・244)

ファックス:049-251-3824

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ