このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

みんな知ってる?プラスチックごみ問題

最終更新日:2020年2月26日

みんな知ってる?プラスチックごみ問題

 私たちの生活にはプラスチック製品が欠かせないものとなっています。
 丈夫、軽い、安価、加工しやすいなどの優れた特徴を持ち、食品や飲料などの容器包装、日用品や電化製品から医療の現場まで、あらゆる場面にプラスチック製品が使用されています。
 近年、街中で発生したプラスチックごみが海洋へ流れ出す、海洋プラスチックごみが、世界的な問題となっています。
 この海洋プラスチック問題は、海だけの問題として捉えがちですが、街中で発生したプラスチックごみが、河川を通じて海に流れ込んでおり、その解決には陸上での対策が大変重要です。
 プラスチックごみの問題を解決するために、できることから始めましょう。

プラスチックごみを減らしていこう!

まず、ごみの発生を減らすことが大切です。

  • マイバッグを持ち歩いて不要なレジ袋は断ろう。
  • 手軽で、経済的にもお得な、マイボトルを利用しよう。
  • 不要なストローやプラスチック製スプーンなどは断ろう。
  • 過剰包装の商品は選ばずに、量り売り・ばら売りの商品を選ぼう。

きちんと分別しよう!

分別されたごみは、リユース・リサイクルされます。

  • 資源プラスチックやペットボトルはきちんと分別しよう。

ポイ捨てをしない!マナーを守ろう!

ポイ捨てやごみ出しマナーを守ることで散乱ごみ対策につながります。

  • 外出先で発生したごみはなるべく持ち帰り、適切に分別し処分しよう。
  • ごみ出し時間を守り、ごみの散乱を防止しよう。

地域の清掃活動に参加しよう!

環境美化につながり、プラスチックごみの多さを実感することができます。

  • 富士見市をきれいにする日などに実施される地域の清掃活動に参加しよう。

お問い合わせ

環境課 資源リサイクル係

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-252-7100

ファックス:049-253-2700

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ