このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

スマートフォンでかんたん納税「LINE Pay納付」

最終更新日:2020年5月1日

LINE Pay(ラインペイ)納付

令和2年5月から、スマートフォンアプリ「LINE」上で展開する決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」を利用して、市税等の納付が可能になります。
「LINE Pay」とは、納付書のバーコードをスマートフォンのカメラで読み込むことで、事前にLINEウォレットにチャージした電子マネーにより、いつでもどこでも納付可能な決済サービスです。


「LINE Pay」を利用できる税目・納付書

利用できる税目

  • 市県民税(普通徴収)
  • 固定資産税・都市計画税
  • 軽自動車税(種別割)
  • 国民健康保険税(普通徴収)

利用できる納付書

  • 上記税目で、コンビニエンスストア納付用のバーコードが印字された納付書が利用できます。

(注記)納付書1枚あたりの合計金額が、30万円を超える場合はご利用できません。
(注記)納期限が過ぎている場合は、ご利用できません。
(注記)金額を訂正した場合は、ご利用できません。
(注記)納付書の破損、汚損などにより、バーコードの読み取りができない場合は、ご利用できません。


利用方法

スマートフォン用の「LINE」アプリケーションをインストール

「LINE Pay」の利用登録を行い、銀行口座連携等により、LINEウォレットにあらかじめ金額のチャージを行う

LINEウォレット内の「請求書支払い」を選択

バーコードリーダーが立ち上がるので、納付書のバーコードを読み込む

支払い情報を確認し、パスワードを入力すると納付完了



「LINE Pay」QRコード



LINE Pay納付の注意事項

利用できない場合

  • 納付書1枚当たりの合計金額が30万円を超える場合。
  • 納期限が過ぎている場合。
  • 納付書にバーコードの印字が無い場合。
  • 金額を訂正した場合。
  • 納付書の破損、汚損などにより、バーコードの読み取りができない場合。

その他注意事項

  • 「LINE Pay請求書払い」による納付には、事前にLINEアプリ内から利用登録を行い、チャージすることが必要です。
  • LINE Payで納付された場合は、領収証書が発行されません。領収証書が必要な方は、お手数ですが、市役所収税課または各出張所の窓口にて、納税証明書(納付証明書)の申請手続きをお願いします。→納税証明
  • LINE Payによる納付手続きが完了すると取り消しができません。納付完了前に必ず納付書や入力内容などをご確認ください。
  • LINE Payで納付した場合、手元に領収印の無い納付書が残ります。その納付済みの納付書で、金融機関やコンビニエンスストアなどで納付ができてしまうことから、誤って重複納付することがないよう、LINE Payで納付完了後の納付書に納付した日をメモ書きするなど、納付書の管理をお願いいたします。
  • 金融機関やコンビニエンスストアの窓口等でLINE Payを利用した納付はできません。

(注記)重複納付になった場合は、収納確認後、還付通知を発送します。
(注記)すでに納付手続きが完了しているか確認したい場合は、確認したい納付書のバーコードをLINE Payで再度読み取り、確認ボタンを押してください。納付手続きが完了している場合は、「すでにお支払い済みです。」というメッセージが表示されます。

≪振り込め詐欺などにご注意ください≫
市職員が、電話などでスマートフォンやATMなどから、特定口座への振り込みを依頼することはありません。またクレジット番号などを聞き出そうとしたりすることは絶対にありません。
「振り込め詐欺」などに十分ご注意ください。
(注記)LINE Pay納付は、必ず納付書のバーコードを用いて、スマートフォンのLINEアプリを利用して行われます。

お問い合わせ

収税課 管理グループ

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎1階

電話:049-252-7118

ファックス:049-254-6351

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ