このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

軽自動車税(種別割)

最終更新日:2020年4月20日

令和2年度の軽自動車税(種別割)納税通知書は、5月1日(金曜日)に発送予定となっております。ゴールデンウィークの郵便事情に伴い、到着は休み明けになる可能性があります。到着後、内容をご確認いただき、期限内の納付にご協力くださいますようお願いします。

軽自動車税(種別割)とは

市内に定置場のある原動機付自転車(排気量125cc以下)、ミニカーおよび小型特殊自動車、軽自動車、軽二輪車、二輪の小型自動車などが課税対象となります。

納税義務者
毎年4月1日の所有者に対して課税されます。
税額
5月初めに納税通知書を送付いたします。納期限は5月末頃です。

軽自動車税の税制改正について

軽自動車税環境性能割
令和元年10月1日から、軽自動車を取得した場合、軽自動車税環境性能割が課税され県が賦課徴収等を行います。自動車取得税は、同日をもって廃止されました。

納税義務者

三輪以上の軽自動車(新車・中古車)の取得者

課税標準当該軽自動車の取得価格(免税点50万円)
税率燃費基準値の達成度に応じて決定し、非課税、1%、2%、3%(当分の間、2%を上限とし、営業車の特例あり)

また、これに伴い、現行の軽自動車税は「種別割」という名称になります。

グリーン化特例(軽課)延長
現行のグリーン化特例(軽課)の適用期限が延長されました。平成31年4月1日から令和2年3月31日までに新規検査を受けた三輪および四輪軽自動車の翌年度分の課税について適用します。(平成31年度分または令和2年度分の税率を軽減します。)

車種ごとの税額表(令和2年度課税)

  • 二輪車等
区分税率(年額)
平成27年度まで平成28年度から
原動機付自転車50ccまで1,000円2,000円
50cc超90cc以下1,200円2,000円
90cc超125cc以下1,600円2,400円
ミニカー2,500円3,700円
小型特殊自動車農耕作業用1,600円2,400円
その他4,700円5,900円
軽二輪250cc以下2,400円3,600円
二輪小型自動車250cc超4,000円6,000円
  • 軽四輪車等

平成27年4月1日以降に新規検査した車輌は、現行税率となります。
平成27年3月31日以前に新規検査した車輌は、旧税率となります。
ただし、新規検査した月から13年を経過した車輌(電気軽自動車等を除く)は、重課税率が適用されます。

区分税率(年額)
平成27年3月31日以前に新規検査した車輌
(旧税率)
平成27年4月1日以後に
新規検査した車輌
(現行税率)

令和2年4月で新規検査から13年を経過した車輌
(重課税率)(注記)注釈1

軽自動車三輪3,100円3,900円4,600円
四輪以上乗用営業用5,500円6,900円8,200円
自家用7,200円10,800円12,900円
四輪以上貨物用営業用3,000円3,800円4,500円
自家用4,000円5,000円6,000円

新規検査の年月は自動車検査証の「初度検査年月」欄で確認できます。
(初度検査とは、新車が初めて検査を受ける時のことをいいます。中古車を購入したときは、車輌自体の初度検査からの通算で数えます。)

(注記)グリーン化を進める観点から、令和2年4月1日で自動車検査証の初度検査年月から13年を経過した車輌が適用されます(電気軽自動車・天然ガス軽自動車・メタノール軽自動車・混合メタノール軽自動車・ガソリン電力併用の軽自動車・被けん引車を除く)。

三輪および四輪軽自動車のグリーン化特例
平成31年4月1日から令和2年3月31日までに新規検査を受けた軽自動車で下表に該当するものは、燃費性能に応じたグリーン化特例(軽課税率)が適用されます。ただし、新規検査の翌年度分のみ適用となります。

  • 平成30年4月1日から平成31年3月31日までに新規検査を受けたものは、平成31年度課税で適用。
  • 平成31年4月1日から令和2年3月31日までに新規検査を受けたものは、令和2年度課税で適用。
三輪および四輪の軽自動車
乗用対象車内容貨物用対象車内容
乗用電気自動車等a.税率を概ね75%軽減貨物用電気自動車等a.税率を概ね75%軽減
乗用令和2年度燃費基準+30%達成車b.税率を概ね50%軽減貨物用平成27年度燃費基準+35%達成車b.税率を概ね50%軽減
乗用令和2年度燃費基準+10%達成車c.税率を概ね25%軽減貨物用平成27年度燃費基準+15%達成車

c.税率を概ね25%軽減


車種現行税率グリーン化特例(軽課税率)
平成27年4月1日以降に新規検査された車電気自動車・天然ガス自動車ガソリン車・ハイブリット車
a.概ね75%軽減b.概ね50%軽減c.概ね25%軽減
軽自動車三輪(総排気量が660cc以下のもの)3,900円1,000円2,000円3,000円
四輪以上
(総排気量が660cc以下のもの)
乗用営業用6,900円1,800円3,500円5,200円
自家用10,800円2,700円5,400円8,100円
四輪以上
(総排気量が660cc以下のもの)
貨物用営業用3,800円1,000円1,900円2,900円
自家用5,000円1,300円2,500円3,800円

(注記)天然ガス軽自動車は、平成21年排出ガス基準10%以上低減または平成30年排出ガス規制適合車両に限ります。


富士見市ナンバーの登録・廃車手続きについて

原動機付自転車(排気量125cc以下)、ミニカー、小型特殊自動車(農耕作業用・その他)の登録・廃車などの手続きは市役所で受け付けています。

登録の手続き
軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書に記入し、手続きの内容により必要なものと併せて提出してください。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書」のダウンロード(PDF:164KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記載要領(PDF:58KB)
(注記)ダウンロードコーナーからも取得可能です

取得した日から15日以内に申告してください。
(注記)手続きの際、免許証等でのご本人様確認をさせて頂いております。
(注記)申告日現在、富士見市で同一世帯の親族以外の方が手続きするときは、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。委任状(PDF:161KB)を添えてください。

手続きの内容必要なもの
販売店から購入したとき
  1. 販売証明書または譲渡証明書(押印)
  2. 印鑑
個人から譲り受けたときで、廃車手続きが済んでいるものを譲り受けたとき
  1. 廃車確認書
  2. 譲渡証明書(押印)
  3. 新所有者の印鑑
個人から譲り受けたときで、廃車手続きをしていないものを譲り受けたとき
  1. 旧所有者のナンバープレート
  2. 旧所有者の標識交付証明書
  3. 譲渡証明書(押印)
  4. 新所有者の印鑑
転入されたときで、前住所地で廃車手続きをしているとき
  1. 廃車確認書
  2. 印鑑
転入されたときで、廃車手続きをしていないとき
  1. 前住所地のナンバープレート
  2. 標識交付証明書
  3. 印鑑
破損や紛失などでナンバープレートが使用できなくなったとき
  1. ナンバープレート(紛失の場合除く)
  2. 標識交付証明書
  3. 印鑑

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。譲渡証明書(参考様式)(PDF:37KB)

(注記)上記譲渡証明は参考であり、定められた様式はありません。内容が満たされていればどのような形式でも結構です。
(注記)登録にあたっては富士見市に住民登録がないかたは住民登録地の住民票も併せて必要です。

廃車の手続き
軽自動車税廃車申告書兼標識返納書に記入し、手続きの内容により必要なものと併せて提出してください。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「軽自動車税廃車申告書兼標識返納書」のダウンロード(PDF:154KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記載要領(PDF:56KB)
(注記)ダウンロードコーナーからも取得可能です。

所有しなくなった日から30日以内に申告してください。
(注記)手続きの際、免許証等でのご本人様確認をさせて頂いております。
(注記)申告日現在、富士見市で同一世帯の親族以外の方が手続きするときは、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。委任状(PDF:161KB)を添えてください。

手続きの内容必要なもの
譲渡や使用不能などの理由により所有しなくなったとき
  1. ナンバープレート
  2. 標識交付証明書
  3. 印鑑
盗難にあい盗難届を警察署へ届出されたとき
  1. 警察署、届出年月日、盗難届受理番号が分かるもの(メモなどで構いません)
  2. 印鑑

富士見市ナンバー以外の登録・廃車手続きについて

(注記)軽二輪車(125cc超から250cc以下)、二輪の小型自動車(250cc超)および普通自動車の登録・廃車などの手続きは、所沢自動車検査登録事務所(電話050‐5540‐2029)で行ってください。
(注記)軽自動車の登録・廃車などの手続きは、軽自動車検査協会(電話050-3816-3111)で行ってください。

減免制度のお知らせ

申請期限
納税通知書発行後から納期限の7日前まで
(納期限が5月31日の場合は5月24日、5月31日が休日の場合はその翌日の25日が申請期限)
(注記)申請期限を過ぎた場合は減免が受けられませんので、ご注意ください
申請窓口
富士見市役所税務課
〒354-8511
富士見市大字鶴馬1800番地の1
(注記)普通自動車の減免制度については下記へお問い合わせください。
埼玉県自動車税事務所所沢支所(電話04‐2998‐1321)
身体障がい者などの減免
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳および自立支援医療の受給者証(精神通院医療に限る)、戦傷病者手帳のいずれかをお持ちで、障害の程度が一定以上のかたのためにもっぱら使用される軽自動車などについては、軽自動車税(種別割)の減免制度があります。
減免の対象となる軽自動車など

  1. 手帳をお持ちの本人が所有する軽自動車など
  2. 手帳をお持ちのかたと生計を一にするかたが所有する軽自動車など(1、2いずれかの軽自動車などで、手帳をお持ちの本人が運転するもの、もしくは生計を一にするかたが手帳をお持ちのかたのためにもっぱら運転するものが対象になります。)
  3. 手帳をお持ちのかたのみで構成される世帯のかたが所有する車を、常時介護するかたが運転する場合も対象になります。

(注記)軽自動車(原付バイク・二輪車を含む)などと普通自動車をお持ちのかたは、どちらか1台が減免の対象になります。既に普通自動車税(種別割)または他の軽自動車税(種別割)の減免を受けている方は申請できません。

減免を受けることができる障害の程度

身体障害者手帳

障害の区分障害の級別
視覚障害1級から3級までの各級および4級の1
聴覚障害2級および3級
平衡機能障害3級
音声機能障害または言語機能障害3級(こう頭が摘出された場合に限る)
上肢不自由1級、2級
下肢不自由1級から6級までの各級
体幹不自由1級から3級までの各級および5級
乳幼児期以前の非進行性脳病変による運動機能障害上肢機能1級、2級
乳幼児期以前の非進行性脳病変による運動機能障害移動機能1級から6級までの各級
心臓機能障害1級および3級
じん臓機能障害1級および3級
呼吸器機能障害

1級および3級

ぼうこうまたは直腸の機能障害1級および3級
小腸の機能障害1級および3級
ヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能障害1級から3級までの各級
肝臓機能障害1級から3級までの各級

(注記)障害の区分については、手帳に記載されている等級とは異なる場合があります。

療育手帳
AおよびマルA

精神障害保健福祉手帳および自立支援医療の受給者証(精神通院医療に限る)
1級

戦傷病者手帳

障害の区分障害の程度
視覚障害特別項症から第4項症までの各項症
聴覚障害特別項症から第4項症までの各項症
平衡機能障害特別項症から第4項症までの各項症
音声機能障害または言語機能障害特別項症から第2項症までの各項症(こう頭が摘出された場合に限る)
上肢不自由特別項症から第2項症までの各項症
下肢不自由特別項症から第6項症までの各項症および第1款症から第3款症までの各款症
体幹不自由特別項症から第6項症までの各項症および第1款症から第3款症までの各款症
心臓機能障害特別項症から第3項症までの各項症
じん臓機能障害

特別項症から第3項症までの各項症

呼吸器機能障害特別項症から第3項症までの各項症
ぼうこうまたは直腸の機能障害特別項症から第3項症までの各項症
小腸の機能障害特別項症から第3項症までの各項症
肝臓機能障害特別項症から第3項症までの各項症

申請に必要なもの
1.軽自動車税(種別割)減免申請書(税務課にあります)
2.軽自動車税(種別割)納税通知書
3.印鑑
4.運転免許証
5.納税義務者の個人番号(マイナンバー)カード又は通知カードおよび本人確認書類
6.身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳および自立支援医療受給者証(精神通院医療に限る)、戦傷病者手帳のいずれか
7.車検証のコピー
8.手帳をお持ちのかたと車の所有者の住所が異なる場合は、同一生計であることが確認できるもの(扶養親族であることが確認できる健康保険証など)
9.その他要件を満たすために必要な書類

生活扶助を受ける者の減免
減免の対象となる軽自動車など
生活保護法の規定によって、生活扶助を受ける者が所有し、または使用する軽自動車など
申請に必要なもの
1.軽自動車税(種別割)減免申請書(税務課にあります)
2.軽自動車税納税(種別割)通知書
3.印鑑
4.運転免許証
5.個人番号(マイナンバー)カード又は通知カード
6.生活保護受給証明書
7.車検証のコピー

構造・公益のために使用する軽自動車などの減免
減免の対象となる軽自動車など
構造または、公益のため直接専用するものと認める軽自動車など
申請に必要なもの
1.軽自動車税(種別割)減免申請書(税務課にあります)
2.軽自動車税(種別割)納税通知書
3.印鑑
4.車検証のコピー
5.個人番号(マイナンバー)カード又は法人番号がわかるもの
6.減免を必要とする事由を証明する書類(初めて公益減免を申請する場合は、定款等を提出していただきます。)

お問い合わせ

税務課 諸税係

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎1階

電話:049-252-7115

ファックス:049-254-6351

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ