このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

動物由来感染症について

最終更新日:2019年1月25日

動物由来感染症とは

動物から人に感染する病気を「動物由来感染症」と呼びます。
近年では、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)やコリネ・バクテリウム菌による死亡事例が報道されています。
感染源は身近なところにあるため、動物を飼っている人も、飼っていない人も注意する必要があります。
動物との過剰な触れ合いは避ける、動物に触ったら必ず手を洗うなど、感染のリスクを下げることも重要です。

詳しくは 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。埼玉県動物指導センターホームページ(外部サイト) をご覧ください。

お問い合わせ

健康増進センター

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬3351-2

電話:049-252-3771

ファックス:049-255-3321

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ