このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

男女共同参画セミナー「子育て・介護はなぜ女性に偏るのか?~暮らしの中のジェンダーを考える~」

最終更新日:2023年10月2日

子育てや介護などのケア労働は、人々の生活を支える大切なものですが、その担い手の多くは女性です。このセミナーを通じて、「男は仕事、女は家事・育児・介護が中心」というような、性別で役割を決めようとする無意識の思い込みや影響に気づくと、私たちの未来の行動、選択肢が広がるかもしれません。誰もが活躍できる社会に向けて一緒に考えましょう。

開催概要

講演テーマ

「子育て・介護はなぜ女性に偏るのか?~暮らしの中のジェンダーを考える~」

講 師

山根 純佳(やまね すみか)氏(実践女子大学教授) 神奈川県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科修了(博士・社会学)。著書に『産む・産まないは女性の権利かーフェミニズムとリベラリズム』(2003)、『なぜ女性はケア労働をするのか-性別分業の再生産と変動(2010)』ともに勁草書房

日 時

令和5年11月5日(日曜日) 午後2時~午後3時30分 (開場 午後1時30分)

会 場

ふじみ野交流センター 3階 多目的ホール 
(注記)会場の駐車場には限りがあります。できるだけ公共交通機関をご利用ください。

定 員

50人(無料、要申込)

申込み

令和5年10月2日(月曜日)受付開始
電話、窓口、または応募フォームから  (電話、窓口は平日 午前8時30分~午後5時15分)
電話 049-251-2711(内線271) 
お子さん同伴で参加できます
保育あり(1歳から未就学児、要予約、若干名)
手話通訳あり

新規ウインドウで開きます。応募フォーム

主 催

富士見市男女共同参画推進会議、富士見市

お問い合わせ

人権・市民相談課

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線270・271・272・273)

ファックス:049-254-2000

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ