このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

市長の部屋へようこそ

富士見市長 星野光弘

ごあいさつ

市長の部屋をご覧いただきありがとうございます。
富士見市長の星野光弘です。
 
 朝夕の寒さも幾分緩み、春の訪れが近いことを予感させてくれる季節となってまいりましたが、市民の皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

 先月23日に東京スカイツリーそばのJ:COMスタジオでシティプロモーションの番組に出演させていただきました。限られた時間でしたが、市内の見所やイベント、特産品、食レポなどを通して本市の魅力を存分にPRし、大勢の方に富士見市に足を運んでいただけるよう、そして、市民の皆様には改めて富士見市の魅力を知っていただき、楽しんでいただけるようシティセールスをしてまいりました。いま、市では、他市に勝る強みを生かした戦略的なシティプロモーションに向けて動き出しています。今後も富士見市のいいところ、おいしいもの、楽しいイベントなど魅力あふれる情報を皆様にお伝えしてまいりますのでご期待ください。

 さて、3月18日(月曜日)まで平成31年第1回富士見市議会定例会が開催されています。
 今議会では、諸議案の説明に先立ちまして、平成31年度の施政方針を述べさせていただきました。3つの基本方針として(1)安全安心で住みよい富士見市、(2)活気と笑顔の富士見市、(3)スポーツに親しみ、心身ともにイキイキと過ごせる富士見市を掲げ、各種施策を着実に進めることにより、市民の皆様が安心して笑顔で心身ともに元気に過ごせるまちを目指し、市政運営に臨む私の想いを示させていただいておりますので、ぜひご覧いただければと思います。

 今議会の議案及び報告は、条例制定など47件です。主な議案といたしましては、市民総合体育館の利用料金の改定等を行うための条例の一部改正や平成31年度予算議案などを慎重審議しております。とりわけ平成31年度富士見市一般会計予算につきましては、子育て支援など各種福祉施策の充実をはじめ、シティゾーンや水谷柳瀬川ゾーンなどの土地利用を推進する取組みや、びん沼自然公園の整備を進めるほか、市民生活の安全安心を高める浸水対策や空家対策などに取り組むとともに、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けたセルビア共和国のホストタウンとしての取組み、そしてシティプロモーション施策の充実により、市内外に向けて魅力発信するなど、本市が力強く成長していくための積極型予算として過去最大規模の予算を編成させていただいております。
 また、3月6日(水曜日)から3月12日(火曜日)まで、市政一般質問が行われます。
 市民の皆様には、ぜひとも、議会の傍聴にお越しいただきたいと思います。お時間の取れない方は、議会の審議している様子をインターネット中継でも配信しております。また、スマートフォンやタブレットでもご覧いただけます。

 3月10日(日曜日)に、新河岸川河川水防センターで、富士見市桜のオーナー植樹祭が行われます。今年度は8名の方に、水防センターの敷地内で河津桜の植樹を行っていただきます。平成22年度から始まった桜のオーナー制度により皆様に植樹いただきました桜は、昨年までに135本を数え、お子さんやお孫さんの誕生、入学・卒業記念や結婚記念など、オーナー皆様のそれぞれの想いをのせて毎年成長し、桜の名所になっております。現在、山崎公園近くの富士見江川沿いでは、以前に植樹された河津桜の可憐なピンク色の花が咲き始めています。お出かけの際やお散歩で、ぜひお立ち寄りください。

 卒業の季節を迎え、新たな旅立ちの一歩を踏み出す方も多くいらっしゃると思いますが、寒暖の差が大きい折ですので、どうぞご自愛ください。

シティプロモーション番組についてはこちら
市議会の傍聴手続きについてはこちら
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。市議会インターネット配信についてはこちら(外部サイト)
桜のオーナー制度についてはこちら

平成31年3月1日


ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ