このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

市長の部屋へようこそ

市長写真

ごあいさつ

 市長の部屋をご覧いただきありがとうございます。
 富士見市長の星野光弘です。

 市民の皆様には、日ごろから新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にご協力くださり、心から感謝申し上げます。
 外出自粛を求めないゴールデンウィークは3年ぶりとなり、旅行をされる方も多いと思います。しかしながら、いまだに多くの方の感染が確認されていることから、市民の皆様におかれましては、基本的な感染対策をしっかりと徹底していただいたうえで、ゴールデンウィークを楽しんでいただきますようお願いいたします。

 さて、本市における新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種の状況についてですが、先月から12歳~17歳の方の3回目接種も始まり、4月25日時点で、3回目接種は対象者の約53%にあたる約53,900人の方が接種を完了しています。また、5歳~11歳の子どもへの接種については、対象者の約20.3%にあたる約1,400人の方が1回目の接種を終えており、うち2回目接種を完了した方は、接種対象者の約14.1%にあたる約900人の方となっています。
 ゴールデンウィーク中も受付をしている接種会場もありますので、接種を希望される方は、この機会を利用しての接種をご検討くださるようお願いいたします。

 次に、市制施行50周年記念事業につきましてお伝えいたします。
 5月15日(日曜日)には、ふじみヘルシーウォーク大会を開催いたします。3年ぶりに開催となる今年は、参加いただいた方に市制施行50周年記念タオルをプレゼントするほか、川柳を募集し、優秀作品には賞品も用意しています。約5キロメートルのファミリーコースのみになりますが、南畑の豊かな自然と初夏の風を感じながら、一緒に歩いてみませんか。市ホームページ又は文化・スポーツ振興課などで5月6日(金曜日)まで申し込みを受け付けておりますので、奮ってご参加ください。
 また、5月28日(土曜日)には、市制施行50周年記念ということでららぽーと富士見の協力もあり、市役所周辺やららぽーと富士見内を歩く武者行列を開催いたします。応募いただいた小学生を含む参加者の皆様が鎧を身に着け、私と一緒に練り歩きますので、ぜひ見に来てください。
 今後も様々な記念事業を展開し、市民の皆様の笑顔の花を咲かせ、人と人との絆を取り戻していきたいと考えておりますので、市制施行50周年記念事業に、ぜひご参加ください。

 4月10日に開催した市制施行50周年記念式典では、高校生時に作曲した國分大悟さんにも自ら参加していただき、富士見ファンファーレを初披露いたしました。この曲に多くの方々が愛着を持っていただけるよう市役所では、4月28日まで昼休みに放送したほか、5月からは始業の合図とすることとし、今後においても様々な事業での活用を考えております。市ホームページでも聴くことができますので、市民の皆様ぜひ耳を傾けてみてください。

新型コロナワクチン接種についてはこちら
ふじみヘルシーウォーク大会についてはこちら
武者行列についてはこちら
富士見ファンファーレについてはこちら

令和4年5月1日


ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ