このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

富士見市から見た富士山

最終更新日:2019年1月25日

空気が乾燥し晴天に恵まれる日も多い冬場、1年のうちで富士山が最も美しく眺められる時期になります。富士見市の名は昭和31年に鶴瀬・水谷・南畑の三村が合併したときに、富士山の眺めがすばらしいことから富士見村として誕生したことに由来し、その後、昭和39年に富士見町、そして昭和47年に富士見市と受け継がれてきました。その市名の由来となった富士山のすばらしい眺めが、都市化が進んだ今もなお多くの場所で楽しむことができます。そんな場所のいくつかをご紹介します。

(1)びん沼川(2)南畑排水機場(3)羽根倉橋付近(4)富士見橋>>もっと富士山を見る

富士見スポット

 びん沼川に架かる砂塚橋付近から。田園風景の中の富士山。

びん沼からの富士山

場所
富士見高校から北へ1.5キロメートル(徒歩約25分)
富士見高校までは東武東上線志木駅東口から東武バス「富士見高校行き」終点下車
または鶴瀬駅東口から市内循環バス「富士見高校」「富士見高校入口」下車

 見晴らしの良い荒川の土手から見た富士山。

富士見市南畑排水機場からの富士山

場所
富士見高校から北東へ1.6キロメートル(徒歩約25分)
富士見高校までは東武東上線志木駅東口から東武バス「富士見高校行き」終点下車
または鶴瀬駅東口から市内循環バス「富士見高校」「富士見高校入口」下車

 さいたま市から所沢方面へ向かう途中、荒川を渡ると正面に富士山が見えます。

羽根倉橋からの富士山

場所
国道463号線「羽根倉橋」、富士見市運動公園そば。
東武東上線志木駅東口から国際興業バス(宗岡循環・埼玉大学・南与野駅行き)「宗岡蓮田」下車、徒歩5分。

 柳瀬川に架かる、その名も「富士見橋」。川の上流方向に富士山の姿が。

富士見橋からの富士山

場所
東武東上線柳瀬川駅下車、徒歩5分

お問い合わせ

秘書広報課 広報グループ

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線239・240・241)

ファックス:049-251-6080

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ