このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

イチョウの黄葉

最終更新日:2019年1月25日

イチョウの黄葉の画像

 公園の緑化や街路樹などとして植えられるイチョウ。古代植物の生き残りといわれ、例年11月末には見事な黄色に染まります。

市内では、鶴瀬小学校の並木や、みずほ台中央公園、神社の境内林などで大きな木が見られます。
なかでも榛名神社には樹齢600年になる大木があり、市指定の天然記念物になっています。

木枯らしが吹きイチョウが葉を落とすと本格的な冬を迎えます。


鶴瀬小学校

校歌でも歌われる「イチョウ並木」。校庭を囲むように植えられた並木が色づきます。

鶴瀬小学校のイチョウ

みずほ台中央公園

東みずほ台の住宅街にある公園。

みずほ台中央公園のイチョウ

榛名神社

市指定天然記念物のイチョウは、社殿に向かって右側奥にあります。

榛名神社のイチョウ

お問い合わせ

地域文化振興課

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線251・252)

ファックス:049-254-2000

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ