このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

「子どもの夢つなぐ市民運動☆ふじみ」が始まりました

最終更新日:2019年2月12日

目的

国によると、現在7人に1人の割合で、子どもたちが貧困状態にあり、週に1人の割合で虐待や虐待が疑われる理由で命を落としているとの報告がされています。こうした状況に対し、富士見市に住むすべての子どもたちが夢に向かってチャレンジできるよう支援を行い、貧困の連鎖を断ち切るための活動として、「子どもの夢つなぐ市民運動☆ふじみ」を展開します。市内の企業や事業所、地域団体をはじめとして、市と市民の総力をあげて子どもたちの未来を応援する活動に取り組みます。

市民運動 始動フォーラム

子どもの夢つなぐ市民運動☆ふじみ始動フォーラムの様子

平成30年10月6日、「子どもの夢つなぐ市民運動☆ふじみ」始動フォーラムが開催され、子ども未来応援ネットワーク会議の構成団体を中心とした市民運動が始まりました。

フォーラムでは、市民運動の発起人代表である富士見市長が『趣意書』を読み上げ、子ども未来応援基金などの取り組みがスタートを宣言しました。

開会に続いて第1部では湯浅 誠先生(社会活動家・法政大学教授)の基調講演、第2部では県内で子どもの貧困対策や居場所づくりに取り組んでいるNPO、地域団体、埼玉県の貧困対策担当者によるシンポジウムが開催されました。



湯浅先生の基調講演

シンポジウムのようす1
シンポジウム(1)

シンポジウムのようす2
シンポジウム(2)


市民運動の活動

(1)市民への広報、啓発活動、交流・連携事業の展開
富士見市子ども未来応援ネットワーク会議を開催し、市民運動への理解を広げるため、企業や団体、個人などへの啓発活動を行います。
また、全市的に行われる各種事業展開の状況把握や、国、県、他市などの状況について、情報を共有し、連携を強化します。

(2)支援活動と支援ニーズのマッチング事業
子どもの居場所づくりなどの支援活動との連携を図るとともにその支援を必要とする人たちとのマッチングに取り組みます。
(3)民間資金を核とする基金の創設・運用
「子ども未来応援基金」を創設し、支援活動団体への助成を行います。
社会福祉協議会に設置し管理するとともに市と共同で運用を行います。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。詳しくは富士見市社会福祉協議会のホームページをご覧ください。(外部サイト)

基金運用のイメージ図


お問い合わせ

子ども未来応援センター

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬3351-2(健康増進センター内)

電話:049-252-3773

ファックス:049-252-3772

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ