このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

弾道ミサイルが飛来する可能性のある場合の対応について

最終更新日:2019年1月25日

平成29年11月29日(水曜日)午前3時18分頃、北朝鮮から発射されたミサイルは午前4時11分頃、青森県西方約250kmの日本海(日本の排他的経済水域(EEZ)内)に落下した模様です。不審な物を発見した場合は決して近寄らず、直ちに警察、消防に連絡してください。
なお、本市は「ミサイルが飛来する可能性がある」または、「注意が必要となる地域」ではなかったため、J-アラート放送は実施しておりません。

弾道ミサイルが飛来する可能性のある場合の対応について

市では、昨今の国際情勢を踏まえ、万が一弾道ミサイルが発射され、日本へ飛来する可能性がある場合、全国瞬時警報システム(Jアラート)により防災行政無線等を通じて情報伝達を行うこととしています。
緊急情報が流れた場合、直ちに以下の行動をとってください。

【屋外にいる場合】

  • 近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中に避難する。
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

【屋内にいる場合】

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋に移動する。

参考 内閣官房 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「弾道ミサイル落下時の行動について(その1)」(PDF:183KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「弾道ミサイル落下時の行動について(その2)」(PDF:218KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A」(PDF:180KB)

その他、国民保護に関する詳細については外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「内閣官房 国民保護ポータルサイト」(外部サイト)をご覧ください。
外国語版国民保護ポータルサイトは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)です。

お問い合わせ

危機管理課

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-256-7962

ファックス:049-251-2760

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ