このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

C型肝炎救済特別措置法による給付金の請求期限が延長されました

最終更新日:2019年1月25日

1994年頃までに、出産や手術で大量出血をされた方へのお知らせです。

C型肝炎救済特別措置法による給付金の請求期限が2023年1月16日に延長されました

1994年頃までに出産や手術による大量出血などの際に、血液からつくられた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)が使用されたことによって、C型肝炎ウイルスに感染された方へのお知らせです。

このような場合、法律に基づき、国を相手とする裁判を提起し、裁判のなかで、製剤投与の事実、製剤投与と感染の因果関係、C型肝炎の症状について判断がなされます。その後、国と和解をしたうえで、給付金を受けることができます。
なお、この給付を受けるためには、2023年1月16日までに国を相手とする裁判をしなくてはなりません。

出産や手術での大量出血などの際に、血液からつくられた医薬品(フィブリノゲン製剤・第9因子製剤)が使用された方、身に覚えのある方、もしやと思う方は、まずは肝炎ウイルス検査を受けましょう。保健所または自治体が委託する医療機関であれば、概ね無料で検査を受けることができます。肝炎ウイルス検査の詳細は、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省のホームページ「肝炎総合対策の推進」のサイト(外部サイト)や、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「知って、肝炎」プロジェクトの特設サイト(外部サイト)をご参照ください。

くわしいお問い合わせ

厚生労働省フィブリノゲン等に関する相談窓口
フリーダイヤル 0120-509-002
受付時間 午前9時30分~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

厚生労働省ホームページ
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「厚生労働省 大量出血した方へ」(外部サイト) をご覧ください。

お問い合わせ

富士見市立健康増進センター

郵便番号:354-0021 所在地:富士見市大字鶴馬3351-2
電話:049-252-3771 ファックス:049-255-3321

お問い合わせ

健康増進センター

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬3351番地の2

電話:049-252-3771

ファックス:049-255-3321

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ