このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

文化財保存団体連絡協議会30周年記念 郷土芸能公演会~未来に受け継ぐ ふるさとの芸能~

最終更新日:2019年11月6日

tirasi2

市指定民俗文化財に指定されているお囃子や獅子舞などの郷土芸能を守り伝える各団体で構成された文化財保存団体連絡協議会の結成30周年を記念して、「郷土芸能講演会~未来に受け継ぐ ふるさとの芸能~」を開催します。
お祭りの折にどこからか聞こえるお囃子の音色や里神楽の舞を、じっくりとご覧ください。他にも獅子舞やお囃子の道具の展示、お囃子の体験コーナー、お抹茶などが飲めるカフェコーナーもあります。郷土芸能を見て、聴いて、体験して、「文化の秋」を楽しんではいかがでしょうか。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。郷土芸能講演会チラシはこちら(PDF:447KB)

開催概要

日時

12月8日(日曜日)午後1時30分~午後4時30分

  • 開場時間 午後1時
  • 開演時間 午後1時30分

会場

鶴瀬コミュニティセンターホール

入場料

無料

定員

なし(席数約250席)

主催

富士見市文化財保存団体連絡協議会、富士見市教育委員会

お問い合わせ

生涯学習課 文化財グループ

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1873-1(中央図書館2階)

電話:049-251-2711(内線637)

ファックス:049-255-9635

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ