このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

令和元年度子ども文化芸術大学☆ふじみの講義の様子をご紹介します。

最終更新日:2020年10月14日

開校式・第1回「からだでなにかを表現しよう(ワークショップ)」

開校式にあたり、学長である市長から挨拶がありました。
第1回目は、振付家・演出家・ダンサーの白神ももこ氏を講師にパフォーマンスを体験しました。
からだを使って色々なコミュニケーションを取ります。
発表は、キラリふじみの「キラリ・ダンスカフェ」にみんなで出演しました。
お客さんや保護者の方々の前で、ドキドキのパフォーマンスを体験しました!

第2回「声優を体験しよう(ワークショップ)」

第2回目は、声優・アーティストの飯田里穂氏を講師に、声優体験をしました。
映像に合わせてセリフを言いました。みんなのアフレコも楽しく見学しました。
講師と一緒にみんなで集合写真を撮りました。

第3回「声楽コンサートを身近に感じよう(レクチャー・鑑賞)」

第3回目は、声楽家の東海林尚文氏を講師に、声楽コンサートを体験しました。
リハーサルを見学したり、チケットもぎりやパンフレット配りなどの体験をしました。
アンコール曲「花は咲く」では、受講生も舞台にあがりました。

第4回「落語の世界を体験しよう(ワークショップ)」

第4回目は、落語家の春風亭小柳氏を講師に、落語を体験しました。
落語について教えていただき、先生の落語「転失気(てんしき)」に大爆笑しました。
全員高座に上がり、小噺をしたり、身振り手振りなどを発表しました。

第5回「台詞を考えて演劇を作ろう(ワークショップ)」

第5回目は、劇作家・演出家の平田オリザ氏を講師に、演劇を体験しました。
先生が出すお題にあわせてチームを作り、先生にアドバイスをもらいながら台詞を考えます。
転校生がクラスにやってきたという内容で、チームごとにお芝居を発表しました。

閉校式

無事に全5回の講義を終了し、閉校式が執り行われました。
修了証書を受け取り、本年度の子ども文化芸術大学☆ふじみも閉校。
普段はできない体験にたくさんの刺激を受けることができました。

お問い合わせ

文化・スポーツ振興課 文化芸術・国際交流グループ

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-257-6352

ファックス:049-254-2000

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ