このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

車いすバスケを体験しての人権教室が開催されました

最終更新日:2018年12月14日

さいたま地方法務局、川越人権擁護委員協議会、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会などが連携し、富士見台中学校の3年生を対象に人権教室(車いすバスケ体験会)が開催されました。車いすバスケットボールチーム「埼玉ライオンズ」の選手らによる講話や車いすバスケの体験から、障がい者の苦労や障がい者に対する思いやりの大切さを学びました。

撮影/平成30年12月13日

森田さんからの講話の様子
競技のルールや競技用車いすの特徴、パラリンピックの精神などについてお話しいただきました。“できないことを数えるより、できることをやっていこう”という言葉が印象的でした。

シュート練習の様子
車いすバスケの体験が始まりました。シュートを打っても思うように入りません。

試合の様子
いよいよ試合開始。ボールを持っての車いすの操作はとても難しかったですが、白熱した試合が続きました。

人権擁護委員からの講話の様子
人権擁護委員による講話では、障がい者にやさしく手を差しのべることの大切さについてお話しいただきました。

埼玉ライオンズの皆さんにお礼
今日は大変貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。


お問い合わせ

秘書広報課 広報グループ

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-256-9535

ファックス:049-251-6080

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ