このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

STEM(ステム)教育が行われました

最終更新日:2020年10月15日

10月14日(水曜日)、ふじみ野小学校でSTEM(ステム)教育の授業が行われました。
STEM教育は、ロボット作りやプログラミングなど、ものづくりを通じて学習することで、子ども達の論理的思考力や創造性、問題解決能力の向上を図ることのできる取り組みです。
今回は「安全に使用できる車を作ろう」をテーマに、ブロックやタイヤなどの部品を組み立てたあと、パソコンで「走る」「曲がる」「止まる」などのさまざまな動きのプログラムを設定し、オリジナルの車の制作に挑戦しました。
受講した子どもたちは、「部品をうまく組み立てるのが難しかった」と話していましたが、自分で作った車が動くと声を上げて喜んでいました。

撮影/令和2年10月14日



部品を組み立てるようす



個性あふれるデザインを見せてくれました。




真剣なまなざしでプログラミングをする子どもたち


衝突しても被害が軽減されるような設計や、危険を知らせる音を設定するなど、「安全な車」にするために試行錯誤していました。



「できた!やったあ!!」


お問い合わせ

秘書広報課 広報グループ

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線239・240・241)

ファックス:049-251-6080

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ