このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

【地産地消】いちご栽培農家を紹介します

最終更新日:2019年1月25日

富士見市産の『いちご』

苺の写真

富士見市内で『いちご』を栽培する農家は、現在4軒あります。
そのうち2軒の農園でいちご狩りが楽しめます。(栽培方法は農園によって異なります)
今回は、平成23年12月にオープンした観光農園を取材しましたので紹介します。

取材協力/苺の畑ふじみ(高設栽培)


高設栽培

ハウス内の写真

大きなビニールハウスの中では、「章姫(あきひめ)」と「紅ほっぺ」の2種類を約12,000株栽培しています。また、埼玉県育成いちご新品種の「かおりん」と「あまりん」の栽培も始めました。
いちごの苗を棚で育てる高設栽培方式を採用しているため、立ったままいちご狩りが楽しめます。また、ベビーカーや車椅子の方でも気軽に楽しめます。
花が咲く時期には、ミツバチの力を借りて受粉を行います。この時期に行う摘果作業(ひと株ずつ手作業で行う花の選定)が、品質のよいいちごを育てるために一番重要な作業とのことです。



いちごの花


受粉するミツバチ


ミツバチの巣箱

いちごの花は、早い品種で10月下旬から咲き始めます。
ミツバチは、花の中心部分をくるりと一回りし、花の受粉を行ってくれます。
ハウス内に置かれた巣箱と花との間を、ミツバチたちが忙しそうに往復します。
生育状況にもよりますが、12月になると直売がはじまり、1月からいちご狩りが楽しめます。


高設栽培
高設栽培の棚

いちごの実
あま~い苺が鈴なりです


収穫期(12月~5月下旬)

章姫(あきひめ)
「久能早生」と「女峰」を交配した品種で1992年(平成4年)に登録され、静岡県を中心に東日本で多く栽培されています。
平均18gの大果で酸度は0,5~0,6で酸味がほとんどなく、香りは良く、糖度10度以上のあっさりした甘さで食味がよい。乱形果の発生が極めて少なく果肉は女峰より柔らかい。
紅ほっぺ
粒が大きく鮮やかな紅色をしていて、果肉も赤くなるのが特徴。
「章姫」と「さちのか」を交配した品種として静岡で誕生し、2002年(平成14年)に登録された新しい品種です。
糖度が平均12~13度と高く、たっぷりの甘みの中に適度な酸味あり、日持ちがやや長い。
かおりん・あまりん
埼玉県で誕生した新しい品種で、「かおりん」は、個性的な香りが特徴で、「あまりん」は強い甘味が特徴です。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。埼玉県育成いちご新品種の「かおりん」と「あまりん」についてはこちら(外部サイト)
  

  

市内のいちご栽培農家

いちご狩りや直売・宅配などにつきましては、下記の農家に直接お問い合わせください。

農園名所在地連絡先営業期間特徴
苺の畑ふじみ〒354-0003
富士見市南畑新田385
080-5861-4115
(桶田)
12月~5月観光農園
園内でのいちご狩りと直売が中心
ふじみストロベリー〒354-0031
富士見市勝瀬1083
080-4125-0283
(浦野)
12月~5月観光農園
園内でのいちご狩りと直売が中心
渋谷貞男〒354-0004
富士見市下南畑3517
049-251-8975
(渋谷)
1月~5月いちご狩りは行っていません
直売と出荷が中心
ワイズファーム〒354-0004
富士見市下南畑433
049-251-0553
(柳下)
12月~5月いちご狩りは行っていません
直売と出荷が中心

取材協力

苺の畑ふじみの桶田さん

「苺の畑ふじみ」の桶田さん夫妻です。
お忙しいなか、快く取材に応じていただきました。ありがとうございました。

【園主さんより】
いちごの栽培を始めて8年目ですが、ミツバチを使っての受粉などはとても難しく、課題も増えてきました。まだまだ勉強することがたくさんありますが、将来的にはいろいろな品種のいちごを皆さんに楽しんでもらえるよう、夫婦でがんばりたいと思っています。
ご来園をお待ちしています。

いちご農家へのアクセス

苺の畑ふじみ
〒354-0003 富士見市南畑新田385 電話:080-5861-4115

ふじみストロベリー
〒354-0031 富士見市勝瀬1083 電話:080-4125-0283

渋谷貞男
〒354-0004 富士見市下南畑3517 電話:049-251-8975

ワイズファーム
〒354-0004 富士見市下南畑433 電話:049-251-0553

富士見市からのお願い

「梨狩り」や「いちご狩り」は、自分でとったものをその場で食べたり持ち帰ったりできる楽しい行楽です。農家のかたにとっても、精魂込めて栽培した農産物を食べていただいたときの笑顔が、何よりの励みになります。

もぎとったものをその場に捨ててしまったり、ひと口食べて捨ててしまったりするようなことはしないでください。
マナーを守り、つくる人の気持ちになってお召し上がりいただければ幸いです。

お問い合わせ

産業振興課 農政グループ

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線243・244)

ファックス:049-251-3824

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ