このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

富士見市のお酒を紹介します

最終更新日:2019年11月1日

富士見市商工会では、富士見市の特産品づくりと、市内産米の消費拡大、地産地消の推進を図ることを目的に、市内産米を使用した日本酒の製造、販売に取り組んでいます。

純米吟醸酒「縄文海進」

縄文海進

純米吟醸酒「縄文海進」は、市制施行20年(平成4年)を記念した取り組みから、継続して行っています。酒米には、埼玉県の奨励品種「彩のきずな」を使用しており、やや辛口でさっぱりとした味わいが特徴です。

その年の秋に収穫された市内産の新米を使用して醸造した新酒を、縄文海進販売店の会加入店で、毎年12月中旬頃から本数限定で販売しています。


梅酒「梅恋花」

平成29年10月、富士見市の特産品づくりと地産地消の新たな取り組みとして、純米吟醸酒「縄文海進」の原酒に、市内産の青梅を漬け込んだ梅酒(うめさけ)「梅恋花(うめれんか)」ができました。

「梅恋花」は、純米吟醸酒の特性である上品な香りと旨みに、梅の爽やかな酸味との調和が絶妙で、女性にも飲みやすいお酒です。

うめれんかのお披露目のようす
(左から)田坂佳宏さん(縄文海進販売店の会代表)佐藤麻里子さん(有限会社佐藤酒造店杜氏)富士見市長

うめれんかの写真
梅恋花(うめれんか)


縄文海進販売店の会加入店

縄文海進販売店の会
 店名住所電話
1(有)岡田屋酒店鶴瀬西2-6-6049-251-0815
2エビスヤ酒店鶴瀬西3-18-1049-251-5070
3野村酒店鶴瀬西3-3-3049-251-4761
4デイリーヤマザキ鶴瀬店鶴瀬東2-20-6049-251-0525
5(株)増田屋鶴瀬東1-10-13049-251-1237
6新幸酒店勝瀬499-28049-251-0284
7お米の田米衛上沢1-18-51049-252-1003
8(株)増田屋本店勝瀬1169049-261-0303
9上州屋辻商店関沢3-21-26049-251-4908
10(有)山武商店よしのや関沢2-25-53049-251-7604
11(株)豊平大久保酒店水子5003-3049-251-0876
12三ツ木屋水子1332-4049-254-3615
13関野酒店水谷東1-2-10049-254-0947
14(有)三河屋酒店水谷東2-56-12048-472-9453
15(有)荒井屋酒店東大久保839049-251-5257
16中道酒店上南畑92049-251-3348
17(有)石崎商店上南畑1045049-251-4369
18坂間酒店下南畑474-1049-254-1476

・純米吟醸酒「縄文海進」、梅酒「梅恋花」につきましては、富士見市商工会へお問い合わせください。
 富士見市商工会 電話049-251-7801

地産地消とは?

地産地消とは、域で生された農産物を域で費することです。
市では、生産者と消費者の顔の見える関係をつくり、新鮮で安心、安全な農産物の生産と消費の拡大を図ります。

富士見市産の農産物は、一部農家の庭先販売やスーパー・直売所などの販売のほか「つきいち」(市役所臨時農産物直売所・毎月第3火曜日に開催)及び地場産品ショップ「ゆい」(富士見市役所内)で購入できます。また、市内の学校給食では、市内産の米や野菜などを使用しているほか、南畑産の梨も提供しています。

お問い合わせ

産業振興課 商工労政グループ

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎2階

電話:049-251-2711(内線253・383)

ファックス:049-251-3824

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ