このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

令和元年度企画展 水子貝塚 ーまもり、伝える縄文のムラ-

最終更新日:2020年2月20日

水子貝塚は国史跡指定50周年・水子貝塚公園開園25周年を迎えました。

水子貝塚は明治期に発見、昭和初期に発掘調査が行われ、縄文時代前期の環状集落と確認されました。昭和42年1月の発掘調査を契機に環状集落全体を保存するため、昭和44年9月に国史跡に指定されました。

企画展では、明治期の発見から昭和初期の発掘、国史跡の契機となった発掘に関連する資料、そして史跡整備に伴う発掘資料など、水子貝塚の歴史を振り返る展示とともに、史跡公園として整備されてからの活動について紹介します。

日時

令和2年3月14日(土曜日)~令和2年5月31日(日曜日)・・・・午前9時から午後5時

休館日

月曜日・4月30日(木曜日)・5月7日(木曜日)
:5月4日(月曜日)は開館

  • ふじみ考古学教室・・・「縄文時代の環状集落」

    3月28日(土曜日):午後1時30分から午後3時(要申し込み/定員30名)
    講師:高橋龍三郎氏(早稲田大学文学部教授)

  • 企画展展示解説

    3月22日(日曜日)・4月25日(土曜日)・5月2日(土曜日):午前10時30分より60分程度(申し込み不要)

  • 記録映画上映

    3月22日(日曜日)・4月25日(土曜日)・5月2日(土曜日)
    企画展展示解説の際に、昭和15年(1940年)制作の記録映画『貝塚』を上映(さいたま市黒谷貝塚の発掘)

お問い合わせ

水子貝塚資料館

〒354-0011 埼玉県富士見市大字水子2003-1

電話:049-251-9686

ファックス:049-255-5596

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ