このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

通知カードが廃止になります

最終更新日:2020年5月11日

令和2年5月25日(月曜日)に通知カードが廃止になります。
すでに通知カードをお持ちの方は、引き続きマイナンバー(個人番号)の証明書類として使用することができますが、記載事項(氏名・住所等)が住民票と一致している必要があります。一致していないと、マイナンバーの証明書類として使用できません。
廃止になると、下記の通知カードに関連する事務がお手続きができなくなります。

・通知カードの新規発行及び再発行
・通知カードの住所や氏名など記載事項の変更

通知カードの再発行や、住所変更等に伴う記載事項の変更が必要な方は、5月22日(金曜日)までにお手続きをお願いします。

マイナンバー(個人番号)制度の通知カードとマイナンバーカード(個人番号カード)について
通知カード・マイナンバーカード(個人番号カード)に関する質問

通知カード廃止後のマイナンバーの通知方法と証明書類について

通知カード廃止後に新たにマイナンバーが付番された方(出生届、国外からの転入者等)は、個人番号通知書(案)でマイナンバーをお知らせします。この通知は再発行することができませんので、大切に保管してください。
なお、個人番号通知書(案)は、マイナンバーを証明する書類としては使用できません。

マイナンバーを証明する書類については、下記の3つをご利用ください。

(1)マイナンバー(個人番号)カード
 詳しくは マイナンバーカード(個人番号カード)をつくりませんかをご覧ください。

(2)マイナンバー(個人番号)が記載された「住民票の写し」
   または「住民票記載事項証明書」
 
詳しくは 「マイナンバー入り住民票の写し」を取得する方法をご覧ください。

(3)通知カード
 通知カードの記載事項(氏名・住所等)が、住民票と一致しているもののみ有効です。

お問い合わせ

市民課 市民係

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎1階

電話:049-252-7110

ファックス:049-255-8172

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ