このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

台風19号により被災された方の後期高齢者医療保険料の減免について

最終更新日:2019年10月23日

後期高齢者医療制度では、台風19号の影響で被害にあった被保険者に対し、申請を行っていただくことにより、保険料を減免します。

対象者

・住宅の損壊、焼失又は流失した部分の床面積がその住宅の延床面積の20パーセント以上に達した場合
・住宅が床上浸水した場合

減免割合

損害の割合 減免割合
・住宅の損壊、焼失又は流失した部分の床面積がその住宅の延床面積の70パーセント以上に達した程度のもの 保険料の100パーセント
・損壊部分がその住宅の延床面積の50パーセント以上70パーセント未満のもの 保険料の70パーセント

・損壊部分がその住宅の延床面積の20パーセント以上50パーセント未満のもの
・住宅が床上浸水した場合

保険料の50パーセント

申請期間

災害がやんだ日の翌日から2か月以内に減免申請した場合は、災害発生日以後に納期の末日又は特別徴収対象年金給付の支払日が到来する当該年度の保険料について減免できるものとします。

必要な書類

・減免申請書
・り災証明書の写し

お問い合わせ

保険年金課 老人医療係

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎1階

電話:049-252-7114

ファックス:049-254-2000

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ