このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

台風19号により被災された方の後期高齢者医療保険一部負担金の免除について

最終更新日:2020年1月31日

後期高齢者医療制度では、台風19号の影響で被害にあった被保険者の方に対し、一部負担金(窓口支払い)を免除します。

対象者

  • 後期高齢者医療制度の加入者
  • 台風19号により住宅全半壊・床上浸水(床下浸水を除く)の被害にあわれた方

一部負担金(窓口支払い)の免除方法

「後期高齢者医療制度に加入していること」「台風19号により建物が全半壊又は床上浸水であること」の旨を医療機関の窓口で申告してください。

注意

  • り災証明書の提示の必要はありませんので、口頭で申告してください。
  • 床下浸水は免除の対象外です。
  • 医療機関の窓口で申告いただいた内容について、後日確認が行われることがあります。
  • 市外の医療機関を受診された場合でも、支払いを求められることはありません。
  • 接骨院・整骨院での施術、あん摩マッサージ、はり・きゅうの施術は免除の対象外です。
  • 入院時の食費・居住費などはお支払いいただく必要があります。

一部負担金免除対象期間

令和元年10月12日以降の診療分から令和2年3月診療分
<注意>期間が延長されましたので、お気を付けください。

医療機関等への一部負担金を支払った方へ

令和元年10月12日以降に一部負担金の支払いをしている方には、支払った一部負担金の還付を行います。
領収書、被保険者の振込先口座のわかるもの、印鑑、被保険者証を持参のうえ、保険年金課で申請をしてください。

お問い合わせ

保険年金課 老人医療係

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎1階

電話:049-252-7114

ファックス:049-254-2000

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ