このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

国民健康保険税の税率改定について

最終更新日:2020年4月1日

 国民健康保険は、国民健康保険税や国・県・市からの公費により運営されています。しかし、近年の医療費の増大などにより、国民健康保険の財政状況は非常に厳しいものとなっています。
 富士見市では、国民健康保険の事業運営を安定させ、持続可能なものとするために、平成30年度から令和2年度まで国民健康保険税の税率改定を行っています。ご理解とご協力をいただきますようお願いします。

税率改定の内容

 平成30年度から令和2年度までの国民健康保険税の税率などを下表のとおり改定します。

国民健康保険税の税率改定
課税根拠平成30年度令和元年度令和2年度
基礎課税分所得割率6.00%6.44%6.95%
資産割率22%11%廃止
均等割額16,100円21,800円28,300円
平等割額10,800円6,000円廃止
課税限度額540,000円580,000円610,000円
後期高齢者支援金等分所得割率2.1%2.1%2.1%
均等割額7,000円8,000円9,000円
課税限度額190,000円190,000円190,000円
介護納付金分所得割率1.2%1.4%1.6%
均等割額10,600円11,600円12,600円
課税限度額160,000円160,000円160,000円

税率改定のモデルケース(令和2年度)

 令和2年度の保険税率で試算したモデルケースは、以下のとおりです。

モデルケース1

世帯主Aさん(53歳) 前年の給与所得 206万円(給与収入320万円)
妻Bさん(47歳) 収入なし
父Cさん(73歳) 前年の年金所得 80万円(年金収入200万円)
子Dさん(21歳) 前年の営業所得 33万円

区分対象者課税所得など基礎課税分後期高齢者支援金等分介護納付金分
所得割Aさん(206万-33万)円×6.95%=120,235円×2.1%=36,330円×1.6%=27,680円
Cさん(80万-33万)円×6.95%=32,665円×2.1%=9,870円 
均等割  4人×28,300円=113,200円4人×9,000円=36,000円2人×12,600円=25,200円
初めに縦に合計する266,100円82,200円52,880円
100円未満を切り捨てる266,100円(1)82,200円(2)52,800円(3)

 この世帯の令和2年度国民健康保険税は、(1)と(2)と(3)の合算額の401,100円です。

モデルケース2

世帯主Aさん(67歳) 収入なし
子Bさん(36歳) 前年の給与所得 234万円(給与収入360万円)

区分対象者課税所得など基礎課税分後期高齢者支援金等分
所得割Bさん(234万-33万)円×6.95%=139,695円×2.1%=42,210円
均等割  2人×28,300円=56,600円2人×9,000円=18,000円
初めに縦に合計する196,295円60,210円
100円未満を切り捨てる196,200円(1)60,200円(2)

 この世帯の令和2年度国民健康保険税は、(1)と(2)の合算額の256,400円です。

モデルケース3

世帯主Aさん(45歳) 前年の給与所得 143万円(給与収入230万円)
子Bさん(18歳) 収入なし

区分対象者課税所得など基礎課税分後期高齢者支援金等分介護納付金分
所得割Aさん(143万-33万)円×6.95%=76,450円×2.1%=23,100円×1.6%=17,600円
均等割  2人×28,300円=56,600円2人×9,000円=18,000円1人×12,600円=12,600円
初めに縦に合計する133,050円41,100円

30,200円

100円未満を切り捨てる133,000円(1)41,100円(2)30,200円(3)

 この世帯の令和2年度国民健康保険税は、(1)と(2)と(3)の合算額の204,300円です。

令和2年度の国民健康保険税を試算できます

 以下のリンクから令和2年度国民健康保険税額を試算することができます。
(注記)試算結果は実際の国保税額と異なる可能性があります。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。富士見市国民健康保険税試算表(令和2年度)(エクセル:34KB)

お問い合わせ

保険年金課 国保税係

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎1階

電話:049-252-7113

ファックス:049-254-2000

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ