このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

介護保険における新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について

最終更新日:2020年6月30日

要介護・要支援認定更新申請に係る訪問調査を再開いたします

埼玉県の新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、令和2年7月1日以降は要介護・要支援認定期間の延長は原則行わず、これまで通り認定調査員による訪問調査を行った上で、認定審査をいたします。更新をご希望の方で、病院や介護施設などが面会制限の措置を継続しているなど、訪問調査を行うことが難しい可能性がある場合には、申請の際に担当までご相談ください。
なお、認定調査員が伺う際には、マスクの着用など感染防止に努め、調査を行わせていただきますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

要介護認定期間の延長について

(注記)以下の要介護認定期間の延長については、令和2年6月30日をもって原則終了とさせていただきます。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図るため、人と人との接触を減らすことが求められており、令和2年4月7日付で厚生労働省老健局老人保健課から、認定調査に係る面会が困難である場合は、要介護・要支援認定の期間を延長できる旨の事務連絡が発出されました。
これを受け、当市においては令和2年7月31日までの有効期限の要介護・要支援認定をお持ちの方で、認定の更新を希望するが認定調査員による訪問調査を望まない方については、6カ月の認定期間の延長を実施することとします。

対象者(下記のすべてに該当する方)

  1. 令和2年7月31日までの有効期限の要介護・要支援認定をお持ちの方
  2. 要介護・要支援認定の更新を希望される方で調査員による訪問調査を望まない方

必要な書類

  1. 新規ウインドウで開きます。要介護更新認定・要支援更新認定申請書
  2. ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。同意書(PDF:139KB)

(注記)お手続きは郵送でも受け付けております。上記の書類を富士見市役所高齢者福祉課介護保険係へ郵送してください。

注意事項

  • 新規申請及び区分変更申請の方は対象となりません。(通常どおりの流れで、要介護・要支援認定のための訪問調査を行います。)
  • 認定期間の延長を希望される場合は更新申請書と併せて同意書を提出してください(現在の認定期間に6カ月を加算します)。
  • 更新申請書と同意書を受理後、延長の処理を行った被保険者証を郵送します。
  • 認定調査を希望される方には、従来どおりの流れで認定結果を出します(この場合の認定期間は、更新前後の介護度に応じて12カ月から36カ月となります)。
  • 8月1日以降に有効期限を迎えられる方につきましては、今後の状況により改めて判断します。

事業所の方へ

下記をご確認ください。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(富士見市・事務連絡)要介護認定期間の延長に伴う取扱いについて(ワード:16KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(厚生労働省・事務連絡)新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(その4)(PDF:38KB)

お問い合わせ

高齢者福祉課 介護保険係

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 市庁舎1階

電話:049-252-7107

ファックス:049-251-1025

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ