このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

学校を装った偽装メール(なりすましメール)にご注意ください

最終更新日:2022年3月4日

 「Emotet(エモテット)」と呼ばれるウイルスへの感染を狙う偽装メールが全国各地で確認されております。実在の相手の氏名、メールアドレス、メールの内容などの一部を流用した非常に巧妙な偽装メールを送り、ウイルスに感染させるというものです。
 3月3日現在、市内の学校を装った偽装メールが複数確認されており、今後、同様のメールが届く恐れがあります。
 つきましては、心当たりのないメールにはご注意ください。また、少しでも疑わしいと感じるメールを受信したら、添付ファイルの開封、リンクのクリックは行わないようにしてください。

<不審なメールに関する詳細>
IPA(独立行政法人情報処理推進機構)情報セキュリティページ
「Emotet」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて」(外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://www.ipa.go.jp/security/announce/20191202.html(外部サイト)

市内学校の感染状況について

3月3日(木曜日)

 市内の学校を装った偽装メールが複数確認されたため、市内全学校のインターネットパソコン端末のケーブルを抜き、インターネット接続を遮断しました。

3月4日(金曜日)

 関係者の調査により、以下の学校のインターネットパソコンがコンピュータウイルス(マルウエア)「Emotet」に感染していることが確認されました。

  • つるせ台小学校
  • 富士見特別支援学校

なお、当該パソコンは、授業等で使用するシステムから物理的に切り離されているため、校内での感染が拡大する恐れはありません。また、上記2校以外での感染は確認されていません。当該パソコンについては、Emotet駆除に向け対応を検討中です。

お問い合わせ

教育政策課 施設管理グループ

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1873番地1(中央図書館2階)

電話:049-251-2711(内線613・614・615)

ファックス:049-255-9635

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ