このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

保育所給食等の放射性物質検査について

給食等の放射性物質検査を行います

 富士見市では保育所給食食材等のより一層の安全を確認するため、一週間の給食で提供した調理済み給食・おやつの、放射性物質の検査を年1回行っています。
 なお、平成23年12月以降、これまでの検査結果は、すべて「不検出」となっています。
(注記)国で定める放射性物質に関する基準値を超えない数値で安定していることから、令和3年3月31日をもって測定を終了します。

検査対象施設

 検査の対象としているのは、各保育施設内で調理をしている場合で、食材の産地を特定できる施設のみをホームページに掲載しています。
 また、保育施設の名称がないものは系列の施設で調理したものを配食しているなど当該保育施設内で調理をしていない施設です。

検査結果

検査方法

 ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法。
 子どもたちが食した給食一週間分(おやつ含む)を、まとめてミキサーにかけて測定。

参考

 【平成24年3月31日までの基準値】
 平成23年3月17日に国が示した暫定規制値です。これを上回る食品については食用に供されることがないように、としています。

放射性ヨウ素飲料水300
牛乳・乳製品300
野菜類(根菜、芋類を除く)2,000
魚介類2,000
放射性セシウム飲料水200
牛乳・乳製品200
野菜類500
穀類500
肉・卵・魚・その他500

(単位Bq/kg 1キログラムに含まれるベクレル数)

【平成24年4月1日からの基準値】

放射性セシウム飲料水10
牛乳50
一般食品100
乳児用食品50

(単位Bq/kg 1キログラムに含まれるベクレル数)

外部リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省のホームページ(外部サイト)

食品中の放射性物質への対応や各都道府県が実施している検査の結果をご覧になれます。

各都道府県の検査結果(東日本大震災関連情報>【食品・水道】の「食品中の放射性物質への対応」>「食品中の放射性物質に関する検査結果」)


サブナビゲーションここから
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ